ユーチューブの再生が再び働いています! 不便を許してください。

Image of Ambitions

ONE OK ROCK - Ambitions

ONE OK ROCK 2年ぶりニューアルバム!!
前作「35xxxv」に引き続き、海外レコーディング作品となっている。
収録曲には、NTTドコモのCMソングとしても話題となった「Always coming back」、
映画「ミュージアム」主題歌の「Taking Off」を含む全14曲となっている。
初回盤には、スタジオでのアコースティックセッションの模様を収録したDVDが付いてくる。

日本盤:
1. Ambitions -Introduction-
2. Bombs away
3. Taking Off
4. We are
5. 20/20
6. Always coming back
7. Bedroom Warfare
8. Lost in Tonight
9. I was King
10. Listen (featuring Avril Lavigne)
11. One Way Ticket
12. Bon Voyage
13. Start Again
14. Take what you want (featuring 5 Seconds of Summer)

アメリカ盤:
1. Ambitions -Introduction-
2. Bombs away
3. Taking Off
4. We are
5. Jaded (featuring Alex Gaskarth)
6. Hard to Love
7. Bedroom Warfare
8. American Girls
9. I was King
10. Listen
11. One Way Ticket
12. Bon Voyage
13. Start Again
14. Take what you want (featuring 5 Seconds of Summer)

Image of ヒカリノアトリエ

Mr.Children - ヒカリノアトリエ

Mr.Children – Hikari no Atelier

Mr.Childrenが1月11日にリリースするニューシングル「ヒカリノアトリエ」のミュージックビデオショートバージョンが、YouTubeにて公開された。「ヒカリノアトリエ」は、Mr.Childrenの36枚目のシングル。2017年1月11日にトイズファクトリーより発売予定。

この曲はNHK連続テレビ小説「べっぴんさん」の主題歌として放送中。今回のMVはシングルジャケットのアートワークを手がけた森本千絵をクリエイティブディレクターに、Mr.ChildrenのライブのオープニングアニメやライブDVDのジャケットなどを手がけた牧野惇を監督に迎えて制作された。MVではシングルのジャケットに登場する少年の冒険ストーリーを描く。布を用いて構築されたファンタジックな映像が、楽曲の世界を鮮やかに表現している。

前作から約2年2ヶ月ぶりとなるシングル。B面が5曲収録されたシングルはMr.Childrenとしては初である。 また、本作のA面である「ヒカリノアトリエ」以外のB面として収録されている内容が 既存曲のリレコーディング(正式には、Studio Live)、2016年に敢行した「Mr.Children Hall Tour 2016 虹」のライヴ音源となっている。リレコーディングがB面として収録されるのは、33枚目のMr.Childrenのシングル「HANABI」以来である。
Mr.Children単体のプロデュース作品は本作が初となる。また本作を冠したホールツアー「Mr.Children Hall Tour 2017 ヒカリノアトリエ」が順次行われる予定となっている。

収録曲
01. ヒカリノアトリエ
02. つよがり(Studio Live)
03. くるみ(Studio Live)
04. CANDY(Studio Live)
05. ランニングハイ(虹 Tour 2016.11.7 FUKUI)
06. PADDLE(虹 Tour 2016.10.14 KUMAMOTO)

●10月3日から放送が開始したNHK連続テレビ小説『べっぴんさん』(平均視聴率20% / 2017年3月末まで放送)の主題歌として連日オンエアされ、
大きな注目を集めている話題の楽曲「ヒカリノアトリエ」を、前作「足音 ~Be Strong」より2年2ヶ月ぶり、25周年イヤーの第一弾を飾るNew Singleとして発表します。

●本作に収録されているすべての楽曲は、「22年ぶりのホールツアー」を“生音の演奏だけで”構築するべく、Mr.Childrenの4人と、
SUNNY (Keyboards & Back Vocal)、山本拓夫(Saxophone)、icchie(Trumpet)、小春〈from チャラン・ポ・ランタン)(Accordion)の8人で結成されたバンド“ヒカリノアトリエ”が演奏しています。

●2016年、春と秋に分け全国28カ所で行われた「Mr.Children Hall Tour 2016 虹」にて、バンド“ヒカリノアトリエ”は数多くの楽曲をアレンジ&リアレンジして披露してきました。
コンピューターとの同期を一切排除し、一音一音に “今”を注ぎ込む8人のアンサブルは、各会場ごとに違う輝きを放ち、独自のグルーブ感で “味わい深い音”を生み出してきました。
それは、まさにバンド名の由来になっている「ヒカリノアトリエで、虹の絵を描く」ということでもありました。

●本作は、Mr.Childrenとしての最新曲「ヒカリノアトリエ」に加え、虹Tourで披露していた「つよがり」(2000年 / ALBUM「Q」)、
「CANDY」(2005年 / ALBUM「I U」)、「くるみ」(2003年 / SINGLE「掌 / くるみ」)を都内スタジオにて新たにライブレコーディングした3曲、
さらに、 「Hall Tour 2016 虹」福井公演「ランニングハイ」(2005年 / SINGLE「四次元 Four Dimensions」)、
熊本公演「PADDLE」(2004年 / ALBUM「シフクノオト」)のライブ音源2曲を含む、豪華全6曲を収録! !

●2015年100万人を動員した巨大ツアー終了後、Mr.Childrenはすぐさま都内の小さな リハーサルスタジオにて、
4人だけで音楽を鳴らし始めました。自分たちの音楽を探求し、新たなる挑戦を続けるMr.Childrenの“今”を刻み込んだ作品が完成。ご期待下さい。

●2017年3月4日(土)オリンパスホール八王子公演を皮切りに全国ツアー「Mr.Children Hall Tour 2017 ヒカリノアトリエ」(13カ所14公演)の開催も決定。

Image of Joyful Monster

Little Glee Monster - Joyful Monster

Little Glee Monsterが1月6日にリリースする2ndアルバム『Joyful Monster』のアートワークと収録詳細を発表した。

前作アルバム『Colorful Monster』から丁度1年ぶりのリリースとなる本作では、彼女たちの多様なジャンルを歌いこなす歌唱力に加え、さらに進化を遂げたコーラスワークも手伝って「楽しさ」や「喜び」の込められた出来栄えに。収録曲にはラウンドワンCMソングでおなじみのシングル曲「My Best Friend」、「私らしく生きてみたい」やソニー損保CMソングとして話題を集めた「Happy Gate」、ディズニー・アニメーション「ジャングル・ブック」キャンペーンソング「君のようになりたい」といった既発曲から、フジテレビ系「めざましどようび」テーマソングとしてオンエア中の「春夏秋冬」やラウンドワンCMソングとしてオンエアされている「Hop Step Jump!」も初収録される。

さらに、J-POPと一線を画すようなサウンドとボーカルグループとしての地力を見せつける、自身初の全英語詞曲「Catch me if you can」や2ndシングル「青春フォトグラフ」のバラードバージョンまで、“人々の心に爪痕を残す”リトグリのポリシーに楽曲から触れてみてほしい。

初回生産限定盤には9月3日に東京・日比谷野外大音楽堂で開催された「ガオフェス2016~リトグリサマーキャンプ~」のライブ映像が収録されるほか、通常盤には名曲カバーを5曲収録。アートワークはリトグリがさまざまな場所に音楽を届けることをテーマに、ポップな「リトグリ号」とともに表現されたものとなっている。

CD Disc.1
1,はじまりのうた
2,My Best Frined ※ラウンドワンCMソング
3,春夏秋冬 ※フジテレビ系「めざましどようび」テーマソング
4,私らしく生きてみたい ※ラウンドワンCMソング
5,Hop Step Jump! ※ラウンドワンCMソング
6,Catch me if you can
7,君のようになりたい -Album ver.-
8,Don’t Worry Be Happy
9,Happy Gate ※ソニー損保 CMソング
10,青春フォトグラフ ballad ver.
11,オレンジ
12,会いにゆく
13,好きだ。 Studio live ver.
14,JOY

カバーCD Disc.2
One more time, One more chance(org. 山崎まさよし)
何度でも(org. DREAMS COME TRUE)
たしかなこと(org.小田和正)
CAN’T TAKE MY EYES OFF OF YOU(org. Boys Town Gang)
SEASONS OF LOVE-Live on 2016.09.11-(org.RENT)

リトグリライブツアー2017 ~Joyful Monster~
https://lgm-2017spring.themedia.jp/
2月10日(金)神奈川県・秦野市文化会館
2月11日(土)神奈川県・秦野市文化会館
2月12日(日)新潟県・新潟テルサ
2月18日(土)福岡県・福岡市民会館
2月19日(日)広島県・上野学園ホール
2月26日(日)群馬県・伊勢崎市文化会館
3月4日(土)滋賀県・野洲文化ホール
3月5日(日)愛媛県・松山市民会館
3月12日(日)栃木県・那須塩原市黒磯会館
3月18日(土)青森県・リンクモア平安閣市民ホール
3月20日(月・祝)宮城県・仙台市民会館
3月25日(土)岐阜県・土岐市文化プラザ
3月26日(日)愛知県・愛知芸術劇場
4月1日(土)大阪府・オリックス劇場
4月2日(日)大阪府・オリックス劇場
4月8日(土)静岡県・静岡市民文化会館
4月9日(日)東京国際フォーラム ホールA

Image of Just Bring it

BAND-MAID® - Just Bring it

BAND-MAID待望のメジャー1stフルアルバム発売決定。

ワールドツアーの成功で世界各国にてBAND-MAID旋風が吹き荒れている中、満を持してのリリース。
最新シングル楽曲「YOLO」を含む全13曲収録。

2016/11/16発売「YOLO」&2017/1/11発売「Just Bring It」W購入応募抽選プレゼント実施。

11/16発売シングルBAND-MAID「YOLO」(初回限定盤・通常盤)に封入された応募券を、2017年1月11日
発売アルバム「Just Bring It」(初回生産限定盤・通常盤)に封入される応募ハガキに貼りご応募頂くと、抽選で
豪華特典をプレゼント。特典内容・応募方法・応募期間等の詳細に関しては、各商品封入の案内文をご確認下さい。

収録曲
1. Don’t you tell ME
2. Puzzle
3. モラトリアム
4. YOLO
5. CROSS
6. OOPARTS
7. Take me higher ! !
8. So,What?
9. TIME
10. you.
11. Awkward
12. decided by myself
13. secret My lips

Image of Drive-in Theater

内田真礼 - Drive-in Theater

Maaya Uchida – Drive-in Theater

1月11日にリリースされる内田真礼のミニアルバム「Drive-in Theater」の全収録曲および特典Blu-ray / DVDの内容が発表された。

内田初のミニアルバムとなる本作には全6曲を収録。内田が作詞を手がけた「5:00AM」や、山本メーコが作詞、黒須克彦(Q-MHz)が作曲した「クロスファイア」、大石昌良が作詞・作曲・編曲を担当する「モラトリアムダンスフロア」などが新たにラインナップされている。また初回限定盤に付属する特典BD / DVDには「Shiny drive, Moony dive」「Smiling Spiral」のミュージックビデオおよびメイキング、オフショット映像などが収められる。

さらに「Shiny drive, Moony dive」と「Smiling Spiral」のMVがそれぞれYouTubeにて公開された。「Shiny drive, Moony dive」はハイテンションなドライブソングに仕上がっており、MVではアメリカンダイナーガール風な衣装の内田がポップな振り付けを披露。一方「Smiling Spiral」のMVには野球のユニフォームを身に付けた内田やメガホンを持って元気に応援する内田が登場し、コミカルな演技を見せている。

収録曲
1. Shiny drive, Moony dive
作詞・作曲:田淵智也(UNISON SQUARE GARDEN) 編曲:やしきん
2. モラトリアムダンスフロア
作詞・作曲・編曲:大石昌良
3. Moment
作詞・作曲・編曲:丸山真由子
4. 5:00AM
作詞:内田真礼、akane 作曲:mochilon 編曲:mochilon、y0c1e
5. クロスファイア
作詞:山本メーコ 作曲・編曲:黒須克彦
6. Smiling Spiral
作詞・作曲:田淵智也(UNISON SQUARE GARDEN) 編曲:eba

Image of RiEMUSiC

村川梨衣 - RiEMUSiC

Rie Murakawa – RiEMUSiC

声優・村川梨衣がファースト・アルバムをリリース!タイトルに彼女の創る音楽ジャンルを表現した言葉“RiEMUSiC(リエミュージック)”が使われている事からも、作品の充実感が期待できる!

CD収録内容
1. Anytime,Anywhere — 作詞:坂井竜二 作曲:羽岡佳 編曲:佐藤清喜
2. Dreamy Lights — 作詞:渡部紫緒 作曲・編曲:佐藤清喜
3. ドキドキの風 — 作詞:中村彼方 作曲・編曲:坂部剛
4. Breath — 作詞・作曲・編曲:佐々倉有吾
5. MaGiK — 作詞・作曲・編曲:鈴木裕明
6. 恋するパレード — 作詞:大西洋平 作曲・編曲:横関公太
7. クリームソーダとエンドロール — 作詞・作曲・編曲:hisakuni
8. Baby, My First Kiss — 作詞・作曲・編曲:hisakuni
9. Eternal — 作詞:大西洋平 作曲・編曲:横関公太
10. 戻れない旅 — 作詞:坂井竜二 作曲・編曲:松坂康司
11. Sweet Sensation — 作詞:渡部紫緒 作曲・編曲:持田裕輔
12. 夜明けの恋 — 作詞・作曲:金子麻友美 編曲:佐藤清喜

Blu-ray収録内容
1. Secret of RiEMUSiC
村川梨衣自身がアルバム「RiEMUSiC」収録楽曲について解説!レコーディング時の事などを振り返りながらアルバムの魅力を語ります。
2. RiEtion Session Live Party!! Digest Movie
2016年7月2日に東京・サイエンスホールにて開催されたライブイベントのダイジェスト映像を収録!)
3. Dreamy Lights Music Video

Image of REFLECTION

Mr.Children - REFLECTION

『REFLECTION』(リフレクション)は、Mr.Childrenの18枚目のオリジナルアルバム。2015年6月4日にトイズファクトリーより発売された。

前作『[(an imitation) blood orange]』からおよそ2年7か月ぶりの発売で、前作からのアルバムリリース間隔が過去最長となる。

2013年1月からレコーディングを開始し、2014年9月から開催したファンクラブ会員限定ライブ『Mr.Children FATHER&MOTHER 21周年祭ファンクラブツアー』において、未発表曲を数多く披露した。2015年2月にはこのライブの模様を映画『Mr.Children REFLECTION』として3週間限定公開。映画についてMr.Childrenは「まったく聴いたことがない音楽なんだけど、凄く心が動く、感動するライブができないか? リリースがあって、ツアーがあってという、いつも通りのやり方ではない新しい伝え方があるんじゃないか? そんな疑問を解消できるアイデアとして行ったのが、未発表曲メインでのファンクラブ限定ツアーでした。ライブで初めて楽曲を聴いてくれた方と同じような新鮮な気持ちで、僕らの新しい音に触れてもらえたら嬉しいです」とコメントしている。

アルバムは、「すべてのMr.Childrenを聴いて欲しい」というバンドの意思により、『{Naked}』『{Drip}』の2形態で発売となる。『{Naked}』は『{Drip}』初回盤(CD+ドキュメンタリーDVD)に加えて、80P写真集(撮り下し)+全23曲収録のUSBアルバム『REFLECTION {Naked}』(ハイレゾ〈24bit 96kHz / WAV〉+MP3〈320kbps〉)+オリジナル・ライナーノーツ48P×DEMO音源試聴QRコードをBOX仕様で収録。『{Drip}』通常盤はCDのみ収録と、初回盤と共通で未収録曲9曲を1曲250円で購入(ダウンロード)できるサイトにアクセスするためのスペシャルIDを封入している。

本作は、バンドのデビュー以来初となるメンバー単独によるセルフプロデュース作品が多数収録されている。これまでプロデューサーとして全曲に参加していた小林武史との共同プロデュースによる楽曲は、全23曲中6曲({Drip}は14曲中5曲)に留まっている。他方小林は、セルフプロデュース楽曲についてもキーボーディストとしてさらに2曲参加している。また「忘れ得ぬ人」は、森俊之がアレンジを担当したことにより、インストゥルメンタル曲である「ニシエヒガシエ」のRemixバージョンを除くと、Mr.Children及び小林以外の人物が編曲に携わった初の楽曲となった。プロデューサーの小林武史がアレンジも行ってきた前作まで「プロデュース」と「アレンジ」はほぼ同義で用いられていたが、本作で差別化されることとなった。

前述のとおり本作は『{Naked}』『{Drip}』の2形態での発売となり、両者ともに曲順が大きく異なっているが、「FIGHT CLUB」から「蜘蛛の糸」までと、「REM」から「幻聴」までは、どちらも収録順が一致している。また、{Naked}では最初の曲が「fantasy」、最後の曲が「未完」となっているが、これは発売前(2015年3月14日 – 6月4日)に行われたアリーナツアー『Mr.Children TOUR 2015 REFLECTION』におけるセットリストでも同じであった。

前作『[(an imitation) blood orange]』は東日本大震災を意識して制作したとのことだが、本作では震災から時間が経過し、アルバムの制作過程で最初に制作された「WALTZ」を初め、次々とマニアックな曲が浮かんだという。

本作を『REFLECTION』と命名したのは田原健一である。ファンクラブ限定ツアーの際に写真家の齋藤陽道が撮影した写真の中で、意図せずステージと客席の間に緑色の光で構成されたモヤが映り込んでいた。それを見た田原がミュージシャンである自分たちが音楽として発している“想い”と、受け手であるファンの人たちの“想い”が重なり合って起きた現象だと感じ、“想い”と“想い”の「反射」を表して『REFLECTION』と名づけた。

Mr.Children「REFLECTION {Naked}」収録曲
01. fantasy
02. FIGHT CLUB
03. 斜陽
04. Melody
05. 蜘蛛の糸
06. I Can Make It
07. ROLLIN’ ROLLING ~一見は百聞に如かず
08. 放たれる
09. 街の風景
10. 運命
11. 足音 ~Be Strong
12. 忘れ得ぬ人
13. You make me happy
14. Jewelry
15. REM
16. WALTZ
17. 進化論
18. 幻聴
19. Reflection
20. 遠くへと
21. I wanna be there
22. Starting Over
23. 未完

Mr.Children「REFLECTION {Drip}」収録曲
01. 未完
02. FIGHT CLUB
03. 斜陽
04. Melody
05. 蜘蛛の糸
06. Starting Over
07. 忘れ得ぬ人
08. Reflection
09. fantasy
10. REM
11. WALTZ
12. 進化論
13. 幻聴
14. 足音 ~Be Strong

Mr.Children REFLECTION DEMO音源
01 「Reflection」 1st Demo
02 「I Can Make It」 1st Demo “Don’t make it”
03 「REM」1st Demo “スクリーム”
04 「Jewelry」1st Demo “New Song 7”
05 「遠くへと」1st Demo “はじまり”
06 「Starting Over」 Demo “Be Strong”
07 「足音 〜Be Strong」 1st Demo
08 「Starting Over」 Demo “ノブナガ”
09 「街の風景」1st Demo “ラララ2”
10 「幻聴」 1st バンドセッション Demo
11 「未完」1st Demo “タイトルは未だない”

Image of 硝子の瞳

シド - 硝子の瞳

SID – Glass no Hitomi -Special Edition-

2017年1月21日に公開となる劇場版「黒執事 Book of the Atlantic」の主題歌『硝子の瞳』。メジャーデビュー曲『モノクロのキス』『ENAMEL』で同作の主題歌を手掛けているシドと黒執事の最高タッグに胸が高まります。

Image of Further

SOLIDEMO - Further

SOLIDEMO初となるユニット曲を含むミニ・アルバム。音楽活動に限らず、モデル、TVバラエティ番組、そして戦国BASARA、おそ松さんなどの人気舞台など幅広く活動を続けてきたSOLIDEMO。2017年1月からは、13か所に及ぶ最大規模の全国ツアー、そして4月のデビュー3周年の中野サンプラザ公演へと、着実にステップアップを続ける彼らの、また新たな魅力を幅を感じさせる作品。

01. Sail away
02. Beautiful
03. Garden
04. There is
05. 変わらないキモチ

Image of TVアニメ「小林さんちのメイドラゴン」OPテーマ「青空のラプソディ」

fhána - TVアニメ「小林さんちのメイドラゴン」OPテーマ「青空のラプソディ」

fhána – Aozora no Rhapsody

fhánaが1月25日にニューシングル「青空のラプソディ」をリリース。今作のスポット映像がYouTubeにて公開された。

シングルの表題曲「青空のラプソディ」は、1月よりABC朝日放送ほかでスタートするテレビアニメ「小林さんちのメイドラゴン」のオープニング主題歌。スポット映像では、この新曲の一部を試聴することができる。

また4月14日より全国ツアー「Looking for the World Atlas Tour 2017」が開催されることが決定。このツアーでfhanaは全国5都市を回る。

fhana「Looking for the World Atlas Tour 2017」
2017年4月14日(金)北海道 cube garden
2017年4月22日(土)愛知県 ElectricLadyLand
2017年4月28日(金)福岡県 DRUM Be-1
2017年5月6日(土)大阪府 なんばHatch
2017年5月12日(金)東京都 Zepp DiverCity TOKYO

fhána公式サイト
http://fhana.jp/

TVアニメ『小林さんちのメイドラゴン』公式サイト
http://maidragon.jp

Image of Mrs. GREEN APPLE

Mrs. GREEN APPLE - Mrs. GREEN APPLE

2015年7月デビューから1年半、通算2枚目のフル・アルバム。
自身のアーティスト名をタイトルにしている通り、Mrs.GREEN APPLE第一期の集大成となるアルバム。
関西テレビ・フジテレビ系 火曜23時『#naked Eve』エンディングテーマ「In the Morning」他、収録。

収録曲
1. Lion
2. In the Morning (関西テレビ・フジテレビ系『#naked Eve』10月クールEDテーマ)
3. おもちゃの兵隊
4. 絶世生物
5. soFt-dRink (2017年5月公開予定 映画『ポエトリーエンジェル』主題歌)
6. 鯨の唄
7. うブ
8. サママ・フェスティバル! (日本工学院2016CMソング&テレビ朝日系『musicるTV』6月度OPテーマ)
9. Oz [Album Version]
10. Just a Friend
11. FACTORY
12. umbrella [Album Version]
13. JOURNEY

『2ndアルバム「Mrs. GREEN APPLE」リリースツアー 「MGA MEET YOU TOUR」』

■ライブハウスシリーズ
3月01日(水)  CLUB CITTA’ (川崎)
3月02日(木)  CLUB CITTA’ (川崎)
3月04日(土)  高崎club FLEEZ
3月05日(日)  水戸ライトハウス
3月11日(土)  広島クラブクアトロ
3月12日(日)  高松オリーブホール
3月14日(火)  チキンジョージ(神戸)
3月17日(金)  長野CLUB JUNK BOX
3月18日(土)  新潟LOTS
3月20日(月)  金沢EIGHT HALL
3月24日(金)  郡山HIP SHOT JAPAN
3月30日(木)  浜松窓枠
3月31日(金)  U☆STONE(大津)
■ホールシリーズ
4月22日(土)  三郷市文化会館
4月28日(金)  ワクワクホリデーホール(札幌市民ホール)
5月03日(水)  福岡市民会館
5月05日(金)  大阪・オリックス劇場
5月11日(木)  名古屋・日本特殊陶業市民会館 フォレストホール
5月14日(日)  仙台・電力ホール
5月19日(金)  東京・国際フォーラム ホールA

Image of YESTERDAY LOVE

倉木麻衣 - YESTERDAY LOVE

Mai Kuraki – YESTERDAY LOVE

倉木麻衣が、日本初となるVRシングル「YESTERDAY LOVE」を来年1月11日にリリースすることが決定した。

今作は倉木麻衣の真骨頂とも言えるグルービーなアップチューン。疾走感溢れるサウンドに畳み掛けるように乗せられたフレーズの数々が印象的な一曲になっているが、この曲の世界観を表現するにあたり何か特別な表現方法をと検討が重ねられ、VRシングルでのリリースが決定したという。

目にも鮮やかな演出がひときわ目を引くミュージックビデオは、レーザーの魔術師として名を馳せる東市篤憲監督との夢のコラボレーションで実現した。東市監督と言えば今をときめく一流アーティストのMV制作で知られ、2016年「SPACE SHOWER MUSIC AWARDS」で「BEST VIDEO DIRECTOR」を受賞している。

今作では東市監督の得意とするまばゆいレーザー演出がふんだんに活かされているばかりではなく、東市監督初となる大量の銀テープとレーザーとのコラボレーション演出も大きな見ものとなっている。天井から円形に吊るされた無数の銀テープに当てられたレーザー光線は、まるでオーロラのように宙を舞い、歌う倉木を美しく照らす幻想的なシーンとなっている。

そして今回、この映像の世界観をより楽しんでもらうために最先端のカメラ技術を駆使し360°MVが制作された。360°を撮影する中で、レーザーを美しく撮影することを唯一可能にする超高精細カメラ「idoga VR 360カメラ」を使用した4K高画質360°VRは、今までに見たことのない世界観を演出している。

専用アプリ、もしくはURLを使用してスマホに映し出されたMVをオリジナルメガネ「HOMiDO《mini》」で見ると、あたかも自分がMVの世界に紛れ込んだような錯覚にさえなる。特別な臨場感をリアルに表現した映像世界は、まさに圧巻の一言だ。

映像の世界観を印象的に表現するにあたり、倉木麻衣初となる姫カットにも挑戦。黒の衣装との相性抜群で、今までにない倉木が表現された映像作品となっている。

また、今作は12月17日よりTVアニメ「名探偵コナン」エンディングテーマとしてのオンエアも決定している。「名探偵コナン」との数々のコラボレーションがファンの間でも話題となっている倉木は、2016年は20周年を記念して行われた「TV&MOVIE20周年記念『名探偵コナン』コンサート2016」にもゲスト出演し、大きな話題となった。

現在オンエア中の「SAWAGE☆LIFE」のエンディング映像でもファン心をくすぐる中、早くも「YESTERDAY LOVE」でのコラボレーションが決定した。

さらに、来年3月からスタートする約2年半振りの全国ライブでは特別な演出も企画中とのことで、公演にも注目が集まっている。

ライブ情報
「Mai Kuraki Live Project 2017 “SAWAGE☆LIVE”」
3月18日(土)千葉・成田国際文化会館 大ホール
3月20日(月・祝)福岡・福岡国際会議場 メインホール
3月25日(土)愛知・愛知県芸術劇場 大ホール
3月26日(日)大阪・大阪国際会議場(グランキューブ大阪) メインホール
4月2日(日)東京・東京国際フォーラム ホールA

倉木麻衣 コメント
今回は、新しいことに挑戦できたらと、スタッフさんから360°MV撮影のお話を頂き、ご紹介頂いた東市監督さんに「YESTERDAY LOVE」の世界観を引き出し、広げて頂いたミュージックビデオになります。
髪型やファッションも東市監督のご意見を伺い、姫カットしてみたら似合うんじゃないかとのことで…前髪パッツンなんて中学生以来だぞ!と思いましたが、賛否両論あるかとは思いますがトライさせて頂きました(笑)
今回いつもの撮影と違って、東市監督や、カメラマンさん、スタッフさんは別の部屋でモニターを見守っている中、隣の部屋で撮影するという、まるで自撮りをするかのような撮影スタイルで、自由に自演でき(笑)面白かったです。
そして、東市監督の素晴らしいレーザーを駆使しての撮影で、美しいレーザーの中普段体験できない世界を体験させていただいたので、終始「キレイ!元の世界?(笑)に戻りたくないなぁ」と感動しっぱなしでした。
ベストテイクが撮れるまで何回も撮影は続き、ダンサーさんと全力での撮影だったので、息切れ感が最後まさにランナーズハイ的な感じで、撮影終了時は足が棒のようになってました。出来上がりを見て‥「ワォ!これが私っ?」て”わたしの しらない わたし”がいました(笑) 素晴らしい企画を提案して下さったスタッフさんや、レーザーの世界で新しいミュージックビデオを引き出して下さった東市監督と最高の撮影チームの皆さん!本当にありがとうございました!!
撮影後の映像を見たときはドッペンゲルガーに会っちゃったという感じで、すぐそこに自分が!(笑)そして、360°ぐるーっと見回してみるとリアルすぎて現実との境目が‥分からなくなり‥夢か現実か、現実か夢か…(笑)とにかく、口頭でお伝えするより、是非一度、ご覧いただけたら嬉しいです。

東市篤憲監督 コメント
今作は360°レーザーの中に、倉木さんが包まれて撮影するということを行いました。そこが一番見所かなと思っています。あと倉木さんが今までしたことないヘアスタイル、姫カットと言われる髪型に挑戦したのも、見所の1つだと思います。
レーザーを6発使っているんですけど、360°から全部包まれるように、倉木さんの上に頭上に対してのレーザーと、床・足元に対して打っています。
それで、彼女が本当にレーザーの中にいるということをトライしたんですけど、とても新しい画が撮れたと思っています。
それから、銀テープをたくさんぶら下げてその筒の中にも包まれて撮っているんですけど、それも今まで見たことのない映像が撮れて、かなり幻想的かつ不思議な空間、異空間ができたかなと思ってます。

技術スタッフ代表 コメント
今回の作品リリースで注目すべき点は、この楽曲のために 通常のMVと360VRMVを、同じ世界感・コンセプトで撮り下ろしたところです。
自由に見たいと思う主観的な視点で表現可能な360VRとアーティストサイド側から伝えたい世界感とを比べて見ることができる新しい映像表現です。世界初のVRシングルとして、他に例を見ない試みだと思います。
更に今回、国内初として、360映像のプレミアムコンテンツと 世界で最も人気のあるフランスのHOMiDO社製「HOMiDO mini」をバンドルした、特別仕様の初回盤提供も行います。
これは、HOMiDO社の本国フランスでも大いに注目されており、 海外でも注目を浴びることになると思います。

Image of Goose house Phrase #14 僕らだけの等身大

Goose house - Goose house Phrase #14 僕らだけの等身大

Goose house Phrase #14 Bokura Dake no Toushindai

『Goose house Phrase #14 僕らだけの等身大』は、(グースハウス フレーズ フォーティーン ぼくらだけのとうしんだい)は、Goose houseの5thシングル。2017年1月6日発売予定。

Goose house Phrase #13 Fly High, So High以来、約5ヶ月ぶりのシングル。発売日は、「Goose house Live Tour 2017 はじまり、はじまりツアー」の初日(新潟県民会館)と同日である。
初回生産限定盤には、2015年12月10日に東京国際フォーラムで行われた「Goose house Live Tour 2015 〜だって座れるんだもん〜」のダイジェストが収録されたDVDが付属する。

[CD]
1. 僕らだけの等身大
2. 風船
3. 僕らだけの等身大 -instrumental-
4. 風船 -instrumental-

Image of A.G.I.T.

Suchmos - A.G.I.T.

01月25日(水)にリリースされる2nd ALBUM『THE KIDS』リード曲「A.G.I.T.」のミュージックビデオを解禁!

今作のミュージックビデオのディレクションは、前作「MINT」と同様にmaxilla(マキシラ)が担当。
CGやアニメーションを使用するなどスケール感のある内容となっています。
また、同曲は本日よりiTunesほか各サイトにて先行配信もスタート!

そして!
03月02日(木)横浜club Lizardを皮切りに全国15ヶ所18公演の 『TOUR THE KIDS』もスタート。
このツアーの前半7公演にはOKAMOTO’S 、GRAPEVINE、D.A.N.、Yogee New Wavesなどのゲストアーティストもお迎えした対バンライブです。

ツアーのチケットは01月13日(金)10:00~より、オフィシャルサイトにて先行予約受付がスタート!
更に、アルバム購入特典として本ツアーのチケット二次先行抽選のシリアルナンバーも封入。そちらの受付は01月25日(水)10:00〜なので、お見逃しなく!

各公演の詳細はLIVEページをチェック!

■2017年03月02日(木)@神奈川 横浜club Lizard YOKOHAMA 
           ※ワンマン
■2017年03月05日(日)@静岡 浜松Live House 窓枠
           GUEST:GRAPEVINE
■2017年03月08日(水)@栃木 宇都宮HEAVEN’S ROCK Utsunomiya VJ-2
           GUEST:Yogee New Waves
■2017年03月10日(金)@京都KYOTO MUSE
           GUEST:D.A.N.
■2017年03月11日(土)@岡山YEBISU YA PRO
           GUEST:D.A.N.
■2017年03月15日(水)@群馬 高崎club FLEEZ
           GUEST:GRAPEVINE
■2017年03月17日(金)@新潟LOTS
           GUEST:OKAMOTO’S
■2017年03月18日(土)@石川 金沢Eight Hall
           GUEST:OKAMOTO’S
■2017年03月26日(日)@北海道 札幌PENNY LANE24 
           ※ワンマン
■2017年04月01日(土)@仙台Rensa 
           ※ワンマン
■2017年04月07日(金)@広島CLUB QUATTRO 
           ※ワンマン
■2017年04月09日(日)@福岡BEAT STATION 
           ※ワンマン
■2017年04月13日(木)@大阪 なんば Hatch 
           ※ワンマン
■2017年04月15日(土)@大阪 なんば Hatch 
           ※ワンマン
■2017年04月16日(日)@名古屋DIAMOND HALL
           ※ワンマン
■2017年04月18日(火)@名古屋DIAMOND HALL 
           ※ワンマン
■2017年04月22日(土)@東京 恵比寿The Garden Hall 
           ※ワンマン
■2017年04月23日(日)@東京 恵比寿The Garden Hall 
           ※ワンマン

<オフィシャル先行>
受付期間:2017年1月13日(金)10:00~1月19日(木)23:59
受付座種:オールスタンディング
料金:3500円(ドリンク代別) ※広島公演のみ4000円(ドリンク代込み)
受付URL:http://w.pia.jp/s/thekids-sc/ ※PC、モバイル共通
入場制限:小学生以上有料/未就学児童無料(保護者同伴の場合に限る)
※各ゲストアーティストのオフィシャルHP先行も実施