ユーチューブの再生が再び働いています! 不便を許してください。

Image of PINK

PINK

Asako Toki – PINK

土岐麻子が1月25日にリリースするニューアルバム「PINK」の詳細が発表された。

「現代版シティ・ポップ」を意識して制作したというこの作品は、サウンドプロデューサーをトオミヨウが担当。収録曲10曲中「脂肪」と「Fried Noodle」の2曲をG.RINAが、残る8曲をトオミヨウが作曲し、歌詞はすべて土岐本人が手がけた。また、レコーディングミュージシャンとして山本タカシ(G)、弓木英梨乃(G / KIRINJI)、朝倉真司(Per)、吉田宇宙ストリングス(Strings)、田中充(Tp)、川上鉄平(Tp)、ゴンドウトモヒコ(Flugelhorn & Euphonium)が参加している。

また、4月からはレコ発ワンマンツアー「TOKI ASAKO LIVE TOUR 2017 “POP UP PINK!”」の開催も決定した。このツアーは4月14日の宮城・darwinから5月16日の北海道・札幌cube gardenまで、8公演が行われる。チケット先行予約受付は12月23日よりモバイルサイト「SMA☆アーティスト」にて、12月29日よりオフィシャルサイトにて実施する。

CD
01. City Lights
02. PINK
03. Valentine
04. Fancy Time
05. 脂肪
06. Rain Dancer
07. Blue Moon
08. Fried Noodles
09. SPUR
10. Peppermint Town

DVD
・アルバム「PINK」レコーディング&ジャケット撮影風景
・「TOKI ASAKO LIVE TOUR 2015 “Bittersweet”~子曰、四十而不惑。麻子曰、惑うなら今だし。~」ファイナル10月31日東京・日本橋三井ホール公演
01. セ・ラ・ヴィ ~女は愛に忙しい~
02. さよなら90’s Girl
03. SU SA MIN
04. ラブソング
05. Don’t let it go
06. きみだった
07. サーファー・ガール
08. Kung Fu Girl
09. Beautiful Day
10. BOYフロム世田谷
11. 地下鉄のシンデレラ

TOKI ASAKO LIVE TOUR 2017 “POP UP PINK!”
2017年4月14日(金)宮城県 darwin
2017年4月19日(水)新潟県 GIOIA MIA
2017年4月22日(土)東京都 EX THEATER ROPPONGI  
2017年4月28日(金)広島県 広島CLUB QUATTRO  
2017年4月29日(土・祝)福岡県 Gate’s 7  
2017年5月7日(日)大阪府 梅田CLUB QUATTRO  
2017年5月8日(月)愛知県 名古屋CLUB QUATTRO 
2017年5月16日(火)北海道 cube garden

Image of ザッチュノーザ

ザッチュノーザ

SPECIAL OTHERS & Kazuyoshi Saito – Zachunosa

SPECIAL OTHERS 10周年イヤー総決算!
コラボ作品集 『SPECIAL OTHERS Ⅱ』 リリース決定!
初回限定盤にはなんと!初のベスト盤【2CD】が付属!
更に、全国21都市を巡るワンマンツアー開催!
http://www.specialothers.com

3月1日にリリースされるSPECIAL OTHERSのコラボ作品集「SPECIAL OTHERS II」の参加アーティスト第1弾が発表された。

本作は2011年に発表されたコラボ集「SPECIAL OTHERS」の第2弾となり、すでにアナウンスされている通りデビュー10周年にちなんで計10人のゲストアーティストが参加する。今回参加が明らかになったのは、同じレーベルに所属する斉藤和義。スペアザと斉藤は5年前の夏フェスでの競演をきっかけに交流を始め、イベントでスペアザとキヨサク(MONGOL800)がコラボ曲「空っぽ」をパフォーマンスしていたのを耳にした斉藤がスペアザに「いつか一緒にできたらいいね!」と声をかけていた。そんな経緯を経て2組は「ザッチュノーザ」と名付けられたミディアムチューンを制作。同曲は作詞を斉藤、作曲をスペアザと斉藤が担当した。コラボ実現に際してスペアザのメンバーは「和義さんの人柄は自分たちと一緒のバイブス感があってスムースにフィットしました。この曲は宝物です」と述べている。

なお「ザッチュノーザ」は、「SPECIAL OTHERS II」のリリースに先駆けて本日1月11日より配信開始。特設サイトではミュージックビデオのショートバージョンおよび歌詞が公開されている。

斉藤和義 コメント
誘ってくれてありがとー!
楽しいレコーディングだった。
またなんかやろねー!

SPECIAL OTHERS コメント
フェスでお褒めの声をいただき、一緒にやろうねの声をこちらは忘れてませんよねのスタンスで温め続けて早何年。
遂に実現することができました。
和義さんの人柄は自分たちと一緒のバイブス感があってスムースにフィットしました。この曲は宝物です。

Image of Live & Try

Live & Try

Ayahi Takagaki – Live & Try

声優界の実力派歌姫“高垣彩陽”の通算10枚目のシングル!表題曲は、「記憶の湖」を手掛けたカノンによる、“高垣彩陽ワールド”全開の楽曲!

1. Live & Try
2. 夢が教えてくれるもの
3. Can’t Take My Eyes Off Of You

Image of Ballad Selection

Ballad Selection

KinKi Kidsのバラード曲を集めたベストアルバム「Ballad Selection」が、2017年1月6日にリリースされる。

デビュー20周年を迎える2017年の第1弾作品となるこのアルバムには、「愛のかたまり」「青の時代」「薄荷キャンディー」「もう君以外愛せない」「銀色 暗号」など、全13曲を収録する。初回限定盤はラグジュアリーなジュエリーボックス仕様で、ボックス内には堂本光一と堂本剛からの直筆メッセージが封入される。

通常盤はボーナストラックとして新曲「White Avenue」と、最新シングル「道は手ずから夢の花」の新バージョンを追加収録。なお本作購入者には先着特典として、初回限定盤と通常盤でそれぞれ異なるデザインのポストカードがプレゼントされる。

収録内容
01. 愛のかたまり(M album Ver.)
02. むくのはね
03. 雪白の月
04. 青の時代
05. 薄荷キャンディー
06. Anniversary
07. Family ~ひとつになること
08. いのちの最後のひとしずく
09. Love is… ~いつもそこに君がいたから~
10. もう君以外愛せない
11. to Heart
12. 停電の夜には -On the night of a blackout-
13. 銀色 暗号

※通常盤はボーナストラック「White Avenue」「道は手ずから夢の花(20th Anniversary Ver.)」を追加収録

Image of E.G. CRAZY

E.G. CRAZY

E-girlsのニューアルバム「E.G. CRAZY」が2017年1月18日にリリースされる!

「E.G. CRAZY」はE-girlsにとって過去最大ボリュームのオリジナルアルバム。収録曲は新曲4曲を含む全24曲で、「Anniversary!!」や「STRAWBERRY サディスティック」といったE-girlsのポップな面を打ち出した楽曲を収めた「E.G. POP」ディスクと「Dance Dance Dance」や「Go! Go! Let’s Go!」といったクールな世界観のナンバーをパッケージした「E.G. COOL」ディスクの2枚で構成される。

またBlu-ray、DVD付きのバージョンも発売され、こちらにはミュージックビデオや約25万人を動員した全国アリーナツアー「E-girls LIVE TOUR 2016 -E.G. SMILE- inさいたまスーパーアリーナ」でのライブ映像などが収められる。なお初回限定盤には写真集も付属する。

E-girlsオフィシャルHP http://e-girls-ldh.jp

CD
DISC 1:
01 Anniversary!!
02 E.G. summer RIDER
03 Saturday Night ~ロックな夜に魔法をかけて~
04 HARAJUKU TIME BOMB
05 White Angel
06 Merry × Merry Xmas★
07 Party In The Sun
08 FASCINATION
09 機械仕掛けのBye! Bye!
10 STRAWBERRY サディスティック
11 出航さ! ~Sail Out For Someone~
12 Love, Dream & Happiness

DISC 2:
01 All Day Long Lady
02 Pink Champagne
03 Hey You!
04 CautioN
05 Boom Boom Christmas
06 Express -Do Your Dance-
07 Dance Dance Dance
08 Bad Girls
09 カウガール・ラプソディー
10 DANCE WITH ME NOW!
11 ボン・ボヤージュ
12 Go! Go! Let’s Go!

DVD / Blu-ray
DISC 1
・Anniversary!! (Music Video)
・Dance Dance Dance (Music Video)
・Merry × Merry Xmas★ (Music Video)
・DANCE WITH ME NOW! (Music Video)
・E.G. summer RIDER (Music Video)
・Pink Champagne (Music Video)
・STRAWBERRY サディスティック (Music Video)
・Go! Go! Let’s Go! (Music Video)
・未発表新曲 (Music Video) 

DISC 2
・E-girls LIVE TOUR 2016 ~E.G. SMILE~ inさいたまスーパーアリーナ Vol.1

DISC 3
・E-girls LIVE TOUR 2016 ~E.G. SMILE~ inさいたまスーパーアリーナ Vol.2 & Document Movie

Image of トリトメナシ

トリトメナシ

Charan-Po-Rantan – Toritome Nashi

チャラン・ポ・ランタン オリジナルミニアルバムが2017年1月18日(水)にリリース決定!

”逃げ恥”のオープニングを担当した唄とアコーディオンの姉妹ユニットチャラン・ポ・ランタンが1月18日にリリースとなるオリジナル”ほぼ”フルアルバム「トリトメナシ」に収録する新曲『かなしみ』のミュージックビデオが公開された。「かなしみ」はMr.Childrenのツアーメンバーであるバンド”ヒカリノアトリエ”がアレンジ・演奏を担当した楽曲。

Mr.Childrenが他アーティストの楽曲にアレンジ・演奏で参加するのは初めてのことであり、姉の小春がアコーディオンでMr.Childrenのツアーにサポートとして参加した際に自身で作った『かなしみ』をメンバーに聴いてもらったところ大好評を受け、今回のアレンジ・演奏の参加が決定したという。

Mr.Childrenの桜井和寿氏は「この曲『かなしみ』は、パフォーマンスなしで、例えばリスナーが目を瞑って聴いても、心を揺さぶられるような曲にしたいと考え、普段よりも繊細に丁寧に演奏しました。とっても愛しい作品になったと思います。」と、楽曲への想いをコメント。なんと桜井氏はコーラスにも参加している。

そのメロディーを映像からも伝えるため、ミュージックビデオの構成もシンプルに、通り過ぎる人々、街並み・・・過ぎていく1日の時の流れをバスに乗ったVo.ももの表情を合わせることでどこか哀愁を感じることのできる作品になっている。

Me.Childrenにも認められた姉妹が描く世界観に注目だ。

収録曲
■CD
01 進め、たまに逃げても
※TBS系火曜ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』オープニングテーマ
02 Sweet as sugar
※『SWEETS by NAKED』テーマソング
03 まゆげダンス
※NHKみんなのうた 2016年12月・2017年1月
04 夢ばっかり
※片平里菜/Rei コラボ曲
05 月
※毎日放送『ディアスポリス 異邦警察』主題歌
06 恋はタイミング
※クラシエ『葛根湯』CM曲の別Ver.
07 雄叫び
※東京スカパラダイスオーケストラ コラボ曲
08 かなしみ
※Mr.Childrenツアーバンド編成『ヒカリノアトリエ』アレンジ・演奏

■DVD
・進め、たまに逃げても Music Video
・まゆげダンス Music Video
・雄叫び Music Video
・かなしみ Music Video
・トリトメナイおまけ映像

【Mr.Children 桜井和寿 氏コメント】
「今Mr.Childrenのツアーを廻っているメンバーで「かなしみ」のレコーディングをさせてもらいました。
僕がボーカルではない曲をMr.Childrenで演奏し録音するのは初めてのことでしたが、
曲の素晴らしさに引っ張られ、また可愛い歌声に寄り添いながら楽しくレコーディング出来ました。
より多くの人にチャラン・ポ・ランタンの才能を感じてもらえたら嬉しいです。
チャラン・ポ・ランタンは、そのパフォーマンスが魅力でありますが、
この曲「かなしみ」は、パフォーマンスなしで、例えばリスナーが目を瞑って聴いても、
心を揺さぶられるような曲にしたいと考え、普段よりも繊細に丁寧に演奏しました。
とっても愛しい作品になったと思います。是非聴いてみてください。」

Image of Crazy Crazy/原宿いやほい

Crazy Crazy/原宿いやほい

Kyary Pamyu Pamyu – Harajuku Iyahoi / Yasutaka Nakata – Crazy Crazy (feat. Charli XCX & Kyary Pamyu Pamyu)

中田ヤスタカ(CAPSULE)の新曲「Crazy Crazy(feat. Charli XCX & Kyary Pamyu Pamyu)」のティザー映像がYouTubeにて公開された。

「Crazy Crazy」は1月18日にリリースされる中田ときゃりーの両A面スプリットシングル「Crazy Crazy(feat. Charli XCX & Kyary Pamyu Pamyu) / 原宿いやほい」の収録曲。中田が作曲、ロンドンの歌姫チャーリーXCXが作詞およびゲストボーカルを担当し、きゃりーぱみゅぱみゅをフィーチャーした全編英語詞のコラボナンバーとなっている。この曲は世界110の国と地域で1月18日より随時配信される。

きゃりーは今回のコラボをもって、デビュー5周年を記念して掲げた「5つのたくらみ」の最後の1つである「海外アーティストのコラボレーション」を実現させたことに。今回初めて本格的な英語詞に挑戦したと彼女は「挑戦できてよかったです! いつもの私の楽曲とは全く違う仕上がりになっているので、是非聞いてみて下さい」とコメントした。

さらにシングルの発売を記念し、中田ときゃりーが特別なライブセットを披露するライブイベント「ASOBINITE!!! -KYARY PAMYU PAMYU BIRTHDAY SPECIAL-YSTK×KPP CLUB EDITION」が、1月28日に東京・ageHaで開催される。チケットは各プレイガイドにて1月14日に販売開始。

きゃりーぱみゅぱみゅ コメント
初めてのコラボレーション楽曲が完成してとっても嬉しいです!本格的な英語は難しかったけど、挑戦できてよかったです! いつもの私の楽曲とは全く違う仕上がりになっているので、是非聞いてみて下さい。

Charli XCX コメント
今回この楽曲でコラボレーションできてとてもワクワクしています。この曲が世界中に届けられ、スマッシュヒットになることが待ちきれません。絶対に素晴らしいものになるでしょう。ピースアウト!

収録曲
01. Crazy Crazy(feat. Charli XCX & Kyary Pamyu Pamyu) / 中田ヤスタカ
02. Crazy Crazy(feat. Charli XCX & Kyary Pamyu Pamyu) -remix- / 中田ヤスタカ
03. 原宿いやほい / きゃりーぱみゅぱみゅ
04. 原宿いやほい -extended mix- / きゃりーぱみゅぱみゅ

ASOBINITE!!! -KYARY PAMYU PAMYU BIRTHDAY SPECIAL- YSTK×KPP CLUB EDITION
2017年1月28日(土)東京都 ageHa

■きゃりーぱみゅぱみゅ 国内ホールツアー2017 開催決定!
・1月21日(土)埼玉県 戸田市文化会館
・2月3日(金)北海道 北見市民会館
・2月5日(日)北海道 札幌ニトリ文化ホール
・2月11日(土)千葉県 市原市市民会館
・2月12日(日)神奈川県 神奈川県民ホール
・2月23日(木)京都府 京都ロームシアター
・2月25日(土)香川県 レクザムホール・大ホール(香川県県民ホール)
・2月27日(月)高知県 高知県立県民文化ホール
・3月5日(日)千葉県 市川市文化会館
・3月9日(木)愛知県 愛知県芸術劇場大ホール
・3月11日(土)大阪府 大阪オリックス劇場
・3月12日(日)大阪府 大阪オリックス劇場
・3月15日(水)兵庫県 神戸国際会館
・3月18日(土)宮崎県 宮崎市民文化ホール
・3月20日(祝・月)福岡県 福岡サンパレスホテル&ホール
・3月25日(土)埼玉県 大宮ソニックシティ 大ホール
・3月26日(日)長野県 まつもと市民芸術館
・4月1日(土)福井県 福井フェニックス・プラザ
・4月2日(日)石川県 本多の森ホール
・4月8日(土)青森県 リンクステーションホール青森(青森市文化会館)
・4月9日(日)宮城県 仙台サンプラザホール
・4月14日(金)広島県 広島上野学園ホール
・4月15日(土)岡山県 倉敷市民会館
・4月19日(水)東京都 NHKホール
・4月20日(木)東京都 NHKホール

Image of EXCITE

EXCITE

Daichi Miura – EXCITE

三浦大知が歌う『仮面ライダーエグゼイド』テレビ主題歌「EXCITE」がシングルCDとして2017年1月18日に発売されることが決定しました。

三浦大知がテレビ主題歌を担当することが発表された直後より「いったいどんな主題歌になるのだろうか?」と大きな話題となりました。

2016年10月より『仮面ライダーエグゼイド』の放送がスタートすると同時に「EXCITE」は各方面より絶賛され、さらに、全国ツアー「DAICHI MIURA LIVE TOUR 2016 (RE)PLAY」でも毎公演「EXCITE」を披露して会場を熱狂で包み込んできたことから、CD化を望む声が多数寄せられ、ついに「EXCITE」のCD発売が決定しました。

『仮面ライダーエグゼイド』は仮面ライダー生誕45周年を記念した作品であり、その記念碑的作品で主題歌を手掛ける三浦大知の「EXCITE」が、みなさんからどんなエキサイトを引き出すか楽しみにしていてください。

CD
01 EXCITE
02 EXCITE (Instrumental)
03 EXCITE (Carpainter Remix)
04 EXCITE (Quarta 330’s Pixelated Remix)

Image of Colorful Shining Dream First Date❤

Colorful Shining Dream First Date❤

12月16日、声優アイドルユニットevery♥ing!(エブリング)初のアルバムのタイトルが「Colorful Shining Dream First Date♥」(1月18日発売)になる事が発表された。
アルバムには過去のシングル 4曲に加え、新録曲 8曲とボーナストラック 1曲で全13曲が収録される。
新録曲は前山田健一氏や俊龍氏などの豪華作家陣に加え、王道バラード曲や初のラップ曲にも挑戦!
また初回限定盤同梱の DVD にはリード曲「ちゅるちゅるちゅちゅちゅ」の MV に加え、3 月に高校卒業記念に行われたツアーの東京公演 2 日目の模様を舞台裏の様子を交え 1 時間以上のボリュームで収録。
そして、リード・トラック「ちゅるちゅるちゅちゅちゅ」の MVショートver. も解禁された。
MVはevery♥ing !の 2人と疑似デート感覚で見れるコミカルなドラマ。
ショッピング、ゲームセンターでホッケーやプリクラ、観覧車などを“うさお君”の気持ちで一緒に楽しめます。
まさかの結末!?にも注目です。また過去作のオマージュシーンなどの小ネタもあります。
「ちゅるちゅるちゅちゅちゅ〜♪」と簡単に真似できる振り付けにも注目!
ジャケットも「デート」をコンセプトにしています。
部屋でデート用の服を選んでる様子や、街を一緒に歩くイメージで MV ともリンクした内容になっている!

オフィシャルHP: https://every-ing.com

[CD]
M-1『カラフルストーリー』
作詞 / 作曲:IMAKISASA(Wee’s Inc.) 編曲:FILTER SYSTEM
TV アニメ「レーカン!」OP テーマ
メジャーデビュー曲にして代表曲

M-2『風を追い越したくて』
作詞 / 作曲:俊龍 編曲:APAZZI(Wee’s Inc.)
待望の every♥ing ! × 俊龍氏の王道アッパーソング。アルバムに勢いをつけるナンバー。

M-3『DREAM FLIGHT』
作詞 / 編曲:エンドウ .(GEEKS) 作曲:水口浩次
文化放送 超 A&G+「every♥ing !のゆめいろラジオ」テーマソング
高校卒業後のステップアップを意識したシングル曲

M-4『ハンドスター☆彡』
作詞:唐沢美帆 作曲 / 編曲:山下洋介
ライブ向けのバンドサウンドと歌詞に注目!

M-5『ちゅるちゅるちゅちゅちゅ』
作詞 / 作曲:IMAKISASA(Wee’s Inc.) 編曲:小川裕太郎(Wee’s Inc.)
アルバムリード曲
1st アルバムリード曲にして、初の恋愛曲に挑戦! MV にも注目!

M-6『What is L♥VE ?』
作詞 / 作曲 / 編曲:前山田健一
前山田健一氏節炸裂! every♥ing !への書き下ろしナンバー。

M-7『ケサランパサラン』
作詞:唐沢美帆 作曲:木下智哉 編曲:Kon-K
TV アニメ「レーカン!」ED テーマ
鉄板ライブアゲアゲ曲。コミカルな歌詞と振り付けにも注目

M-8『ヒロイン』
作詞 / 作曲 / 編曲:ALI-KICK
まさかの本格ラップに挑戦!鬼才 ALI-KICK 氏プロデュース。

M-9『君の *Favorite*』
作詞:Kurio(Wee’s Inc.) 作曲 / 編曲:ツカダタカシゲ(Wee’s Inc.)
シティポップ感を意識したオシャレナンバー。歌詞にも注目 !

M-10『水彩メロディー』
作詞:結城アイラ 作曲:黒川陽介 編曲:EFFY(FirstCall)
every♥ing !としては久しぶりのバラード曲。等身大な歌詞にも注目。

M-11『Shining Sky』
作詞 / 作曲:IMAKISASA(Wee’s Inc.) 編曲:APAZZI(Wee’s Inc.)
TV アニメ「大家さんは思春期」主題歌
疾走感とストレートな歌詞が特徴の 2nd シングル曲。

M-12『さよならは言わない』
作詞 / 作曲 / 編曲:エンドウ .(GEEKS)
タイトルからは想像できない、スカな大団円フィナーレソング

【Bonus Track】
『サクライロ』
作詞 / 作曲:IMAKISASA(Wee’s Inc.) 編曲:ツカダタカシゲ(Wee’s Inc.)
2nd シングル収録の高校卒業曲をボーナスカット

[DVD] ※初回限定盤にのみ同梱
・『ちゅるちゅるちゅちゅちゅ Music Video』
・every♥ing ! 1st LIVE「“高校卒業記念” Fantasia-Show 2016 ~ Lesson 1 はじまるストーリー~」Tokyo Day 2 Digest

Image of THE BEST OF 防弾少年団 (JAPAN EDITION)

THE BEST OF 防弾少年団 (JAPAN EDITION)

BTS (Bangtan Boys) – THE BEST OF BTS –JAPAN EDITION–

防弾少年団の初のベストアルバムが、2017年1月6日にリリースされる。

日本デビューから2年半で発売される今回のベストアルバムは、日本語曲を集めた「THE BEST OF 防弾少年団 -JAPAN EDITION-」と韓国語曲を収録した「THE BEST OF 防弾少年団 -KOREA EDITION-」の2作品を同時リリース。ミュージックビデオやメイキング映像を収録したDVD付きの豪華初回限定盤と、CDのみの通常盤の2仕様となっており、それぞれ14曲の収録が予定されている。

なお、全国のCDショップで本作を予約すると、先着でオリジナルポスターやクリアファイルがプレゼントされる。詳しくはオフィシャルサイトにて確認を。

収録曲
1. NO MORE DREAM -Japanese Ver.-
2. BOY IN LUV -Japanese Ver.-
3. Danger -Japanese Ver.-
4. 進撃の防弾 -Japanese Ver.-
5. MISS RIGHT -Japanese Ver.-
6. いいね!Pt.2〜あの場所で〜
7. FOR YOU
8. ホルモン戦争 -Japanese Ver.-
9. I NEED U (Japanese Ver.)
10. DOPE -超ヤベー!- (Japanese Ver.)
11. RUN -Japanese Ver.-
12. FIRE -Japanese Ver.-
13. Save ME -Japanese Ver.-
14. EPILOGUE : Young Forever -Japanese Ver.-

[発売元]ポニーキャニオン

Image of YATTA!

YATTA!

Band Ja Naimon! – YATTA!

バンドじゃないもん!が1月11日にリリースする、4thシングル「YATTA!」のミュージックビデオが公開された。

同楽曲は1月1日の「バンドじゃないもん!PERFECT YEAR 2017」と題したプロジェクト解禁とともに楽曲内容・タイトルなど詳細が発表されたばかりのカヴァー楽曲。

「YATTA!」は、2001年に発売されたコントグループ・はっぱ隊のシングルで、当時放送されたフジテレビ「笑う犬の冒険」のコント内で歌っていた曲がCD化されたもの。

今作では約15年ぶりにオリジナルスタッフが集結して2017年バンドじゃないもん!ver.にリメイクされた。また、今回オリジナルスタッフであり、今回リメイクにも携わったダンス☆マンよりコメントが到着している。

1. YATTA!
2. すきっぱらだいす▽
3. YATTA!〜Instrumental〜
4. すきっぱらだいす▽〜Instrumental〜

ダンス☆マン コメント
ミャオ〜ン!ダンス☆マンです。
「え〜っ?!バンもん!さんYATTA!のカヴァーっすかっ!」というのが私の最初のリアクション。
そういえば誰かがカヴァーしたという話を聞いた事がない近寄りがたい程の高嶺の花的存在であるこの超名曲を選ぶそのセンスと勇気!‘バンドじゃないもん!’流石としか言いようがありません。今回、アレンジャーとして声をかけて頂き大変光栄です。
バンもん!さんVer聴くと今またグッと来ます。私、今日も息が吸えて息が吐けます。YATTA〜!
D☆M

Image of E Ticket Rap Show

E Ticket Rap Show

1月10日にリリースされるE TICKET PRODUCTION初の作品集となるミニアルバム「E TICKET RAP SHOW」より、新曲「りんねラップ2 feat.吉田凜音」のミュージックビデオがYouTubeで公開された。

吉田凜音をフィーチャリングしたこの曲は、アイドルDVDマガジン「IDOL NEWSING vol.2」に収録された「りんねラップ」の続編にあたる楽曲。自主映画のコンペティション「PFFアワード2016」で準グランプリを獲得した映像作家・岩切一空が手がけたMVでは、吉田が商店街や公園をラップしながら闊歩する姿が映し出されている。

またミニアルバムのトレイラー映像もYouTubeで公開された。映像では吉田のほかに、椎名ぴかりん、ようなぴ(ゆるめるモ!)、寺口夏花&山崎愛(sora tob sakana)、根本凪(虹のコンキスタドール)が参加した楽曲を聴くことができる。

01. りんねラップ feat.吉田凜音
02. GOES ON feat.ようなぴ(ゆるめるモ!)
03. アウトラウド feat.根本凪(虹のコンキスタドール)
04. SKIT
05. AS ONE feat.寺口夏花&山崎愛(sora tob sakana)
06. FIRE LIAR feat.椎名ぴかりん
07. りんねラップ2 feat.吉田凜音

アーティストについて
E TICKET PRODUCTION 代表作は吉田凜音「りんねラップ」、ライムベリー「HEY!BROTHER」「SUPERMCZTOKYO」「IDOL ILLMATIC」など。ライムベリーに関しては、結成から2015年2月までのプロデュース(全て楽曲制作や、デザイン、世界観設計などクリエイティブ周り全般の監修)を手掛けていた。トラック提供を行ったGOMESS「LIFE」は「フリースタイルダンジョン」のバトル音源としても使用された。通称はEチケ。 作家・桑島由一の音楽活動の別名義で、代表作「神様家族」はTVアニメ、コミック、ゲーム化などし、ヒットした。

Image of Suolo

Suolo

日本ロックシーンに金字塔を打ちたてたHUSKING BEEの、実に12年振りとなるメジャー・オリジナル・アルバム。

1994年の結成以来、日本のエモ、メロコア界を牽引してきたスーパーバンド、HUSKING BEE。
2005年の電撃的解散の後、2012年に新メンバーを従えて再結成。その後もシーンの中核を担うバンドとして活動してきましたが
2016年になりオリジナル・メンバーのTEKKIN(工藤哲也)が再加入し、バンドを取り巻く状況は再加熱してきています。

今作ではライブでのサポートドラムを務める、福田”TDC”忠章(FRONTIER BACKYARD、SCAFULL KING)が全曲参加を
始め、収録曲「Suffer」でゲストボーカルを務めるTokyo Tanaka(MAN WITH A MISSION)、ミツハシアツシ(ex.NUKEY
PIKES)、白川貴善(BACK DROP BOMB、Noshow)、下村亮介(the chef cooks me)、會田茂一らの豪華メンバーが
参加した、スペシャルなアルバムとなった。
本作リリース前には盟友BACK DROP BOMBと全国ツアー『Double Bond Tour 2016』も実施。
二度目の黄金期を迎えたバンドが放つ渾身の一作です。
アルバム・タイトルの「Suolo(スオーロ)」は、イタリア語で土・土壌・大地の意。

収録楽曲
1.Suolo
2.Carry You
3.Let We Go
4.Across The Sensation
5.Invisible Friends
6.Grand Time
7.Spitfire
8.Blue Moon
9.Compass Rose
10.Nonesuch
11.Suffer
12.Puff
13.通りすがりの物語

Image of SONASILE

SONASILE

Shohei Amimori – SONASILE

クラシック/現代音楽等のアカデミックなシーンにおいて日本音楽コンクール第1位受賞(作曲部門)やNHK Eテレ『スコラ 坂本龍一 音楽の学校』への出演等で活躍する一方、電子音楽/サウンドアートのシーンにおいてラップトップによるライブパフォーマンスを断続的に行うなど、ジャンルに捉われない極めて幅広い活動を行っている音楽家の網守将平。これまで音楽シーンと美術シーンの狭間で五線譜とコンピューターを瞬く間に持ち替えてきた彼の単独デビュー作は、自らのピアノやボーカルをエレクトロニックサウンドと共にふんだんに取り入れた、まさかの全編ポップミュージックによるフルアルバム。予測不可能な楽曲構造と複雑なアレンジメントが展開されつつも、一度聴いたら頭から離れなくなるような中毒性の高いメロディーを隙あらば擦り込ませるなど、ジャンル不問かつ総合的に培われた作曲スキル・ポップセンスが容赦なく発揮されており、アルバム全体が一本の叙事詩的映画のように絶妙にまとめ上げられている。そこには、YMO~渋谷系~音響派と脈々と受け継がれてきた日本の音楽とテクノロジーの歴史や文脈を一旦脱構築し、ポジティブに俯瞰する行為をリスナーにもたらし得る、多様な聴取/思考の可能性が備わっている。

ゲストヴォーカリストとして、シンガーソングライターとして既に全国的に高い評価を得ている柴田聡子(M3)、作曲家としても活動しnobleからのリリースなどで知られるBabi(M8)が参加。作詞とギターで、活発なソロ活動と共にceroなどのサポートミュージシャンも務めている古川麦(M10)が参加。マスタリングは、サウンドアーティストでありながらエンジニアとしてもテニスコーツ作品のマスタリングなど幅広く活動を展開している大城真が担当。コンピュータグラフィックス・実写合成を用いたアートワークは若手美術作家である永田康祐が担当している。

1. sonasile
2. Pool Table
3. Kuzira
4. Stab/Text
5. Flat city variation
6. LPF.ar
7. atc17
8. env Reg.
9. Sheer Plasticity Of The Lubricant
10. Mare Song
11. Rithmicats

網守 将平
音楽家。作曲家。東京芸術大学音楽学部作曲科卒業、同大学院音楽研究科修士課程修了。2013年日本音楽コンクール作曲部門1位(室内楽)等受賞歴多数。学生時代より、クラシックや現代音楽の作曲家/アレンジャーとして活動を開始し、室内楽からオーケストラまで多くの作品を発表。作品はパリ、ロンドン、モントリオール等海外でも広く演奏され、NHKFMの現代音楽関連番組でも取り上げられている。また東京芸術大学大学院修了オーケストラ作品は大学買上となり、東京芸術大学大学美術館にスコアが永久保存されている。2010年以降は電子音楽やサウンドアートの領域においても活動を開始し、美術館やギャラリーでのライブパフォーマンスや他アーティスト楽曲のリミックス、映像作品への楽曲提供、マルチチャンネルによるサウンドインスタレーション作品などを発表。近年はポップミュージックを含めさらに横断的且つ総合的な活動を展開し、様々な表現形態での作品発表・ライブパフォーマンスを行っている。またコラボレーションワークも積極的に行っており、原摩利彦、大和田俊、梅沢英樹など多くのアーティストとの作品制作を断続的に行っている。2017年、梅沢英樹との共作アルバムをHome Normal(英)よりリリース予定。