ユーチューブの再生が再び働いています! 不便を許してください。

Image of DANCE TO YOU REMIX

DANCE TO YOU REMIX
サニーデイ・サービス

試聴 ALBUM - 2017年03月15日

Sunny Day Service – DANCE TO YOU REMIX

「サニーデイ・サービス TOUR 2016」にて会場限定販売されていた『DANCE TO YOU』の全曲リミックス集(CD)が、アナログ盤で一般発売解禁!

気鋭のクリエイターたちがオリジナルアルバムの各曲をリミックスした『DANCE TO YOU REMIX』は、9人のアーティストがそれぞれのスタイルで描く、アルバム『DANCE TO YOU』の別世界。

そこに潜む”DANCE”のエッセンスを極限まで抽出した究極のダンストラック集です!!

◆REMIXERS
SUGIURUMN
日本が世界に誇るハウスDJ/クリエイターにして、サニーデイ・サービスの盟友とも言える存在。日本国内のみならず、イビザやマンチェスターを舞台に世界中のダンスミュージック・ラヴァーズをロックしてきた。国内のメジャーフィールドでリリースを重ねた後、2013年より”BASS WORKS RECORDINGS”を主宰し、シリアスなダンスミュージックを世界に発信している。

HALFBY
京都を拠点に活動するDJ、高橋孝博(たかはしたかひろ)のソロプロジェクト。DJという審美眼を武器に、温もりのあるブレイクビーツを基調としたユーモア溢れるダンスミュージックを展開する。リミキサーとしてもその手腕を発揮し、Pizzicato Five、The Go! Team、DE DE MOUSEなど国内外問わず幅広いアーティストの作品を手がけている。

KEITA SANO
岡山在住・若干20代半ばという日本人クリエイター、サノ・ケイタ。これまでに日本以外にもアメリカ、ドイツ、フランス、ギリシア、イタリアなど幾多の海外レーベルから作品をリリースし、国内外のアンダーグラウンドなハウスシーンでその名を轟かせる。かのプリンス・トーマスをも唸らせるという、今、世界中のフロアが注目する若き才能。

Lantern Parade
清水民尋(しみずたみひろ)によるソロ・プロジェクト。ROSE RECORDSの設立当初より作品をリリースし続け、これまでに20タイトル以上を発表する。それら作品群の大半は、生粋のリスナー気質を存分に発揮させたサンプリングループ主体の制作スタイルによるもの。ダンスミュージックの祝祭的グルーヴと桃源郷的サイケデリアを繋ぐ唯一無二のポップスを展開する。

HIROSHI WATANABE a.k.a KAITO
2000年初頭からドイツの老舗レーベル<KOMPAKT>やギリシアの<KLIK>といったレーベルより作品をリリースし、その繊細且つ叙情的なサウンドでワールドワイドに活躍。2008年には『LIFE, LOVE』という作品で曽我部恵一とコラボレートを果たす。また、2016年にはデリック・メイが主宰するレーベル<Transmat>から日本人として初の作品をリリース。

CRZKNY
日本におけるジューク/フットワーク・シーンを代表するトラック・メイカー。広島在住。日本はもとより海外のレーベルからも多数の作品をリリースし、ジューク/フットワークにとどまらないアプローチによる制作で膨大なリリース量を誇る。その精力的な活動は『Pitchfork』や『The Japan Times』などで取り上げられるほど。

haikarahakuti
鎌田悠・鎌田俊の双子によるユニット、ハイカラハクチ。新潟でローカル且つDIYな音楽活動を展開し、これまでにROSE RECORDSより2枚のアルバムをリリース。ハウス、ヒップホップ、J-POP、ロック、ソウルにネオアコ…。古今東西、実に広範な音楽要素を引用&オマージュしながら独自のポップスを構築。

YOSA
東京を拠点に活動するDJ/プロデューサー。2008年に若干19歳でデビューし、ヨーロッパを中心とした海外のレーベルよりリリースを重ねる。国内の注目レーベルOMAKE CLUBより2016にリリースされた最新作『Orion』では、ヒップホップ/R&B〜ディスコ/ハウスを通過したオリジナリティ溢れるサウンドを披露。

Jun Kamoda
イルリメやソロ名義、TRAKS BOYSと共に結成された(((さらうんど)))などで多彩なサウンドを操り、更にはイラストレーターや執筆活動に渡るまでマルチにその才能を発揮する鴨田潤。2016年にはJUN KAMODA名義にて、NYにおける最注目レーベル<MISTER SATURDAY NIGHT>から12インチEPをリリース。