ユーチューブの再生が再び働いています! 不便を許してください。

Image of 青春歌年鑑 90年代総集編

青春歌年鑑 90年代総集編
オムニバス

試聴 ALBUM - 2004年11月03日

Oricon Songbook – Seishun Uta Nenkan – 90’s Compilation

“青春”という言葉の響きから、汗の匂いや翳りが失せていった90年代。
だか徳永英明、米米CLUB、小室ファミリー、浜崎あゆみ……へと連なっていく歌の世界で振り返ってみると、十分に青春の風景が見えてくる。
懐かくもあり今も感じさせる好企画盤。

メーカーの枠を超えた、究極のベストヒット・オムニバス。「青春歌年鑑シリーズ」に90年代盤が初登場!10年分の邦楽ヒット曲が満載の2枚組CD!

収録曲
Disc:1
01. 今すぐkiss Me / Lindberg
02. 壊れかけのradio / 徳永英明
03. 愛は勝つ / Kan
04. どんなときも。 / 槇原敬之
05. Choo Choo Train / Zoo
06. 君がいるだけで / 米米club
07. 世界中の誰よりきっと / 中山美穂&Wands
08. クリスマスキャロルの頃には / 稲垣潤一
09. 接吻 / Original Love
10. True Love / 藤井フミヤ
11. For Dear / 黒夢
12. Survival Dance~No No Cry More~ / TRF
13. 恋しさと せつなさと 力強さと / 篠原涼子with T.Komuro
14. シングルベッド / シャ乱Q
15. Tomorrow / 岡本真夜

Disc:2
01. Going Going Home / H Jungle With T
02. ガッツだぜ!! / ウルフルズ
03. Departures / Globe
04. I’m Proud / 華原朋美
05. Baby Baby Baby / Dos
06. Break Out! / 相川七瀬
07. ありがとう / 井上陽水奥田民生
08. Can You Celebrate? / 安室奈美恵
09. Give Me A Shake / Max
10. ひだまりの詩 / Le Couple
11. White Love / Speed
12. Rhapsody In Blue / Da Pump
13. Honey / L’arc~En~Ciel
14. Boys & Girls / 浜崎あゆみ
15. あなたのキスを数えましょう~You Were Mine~ / 小柳ゆき

『青春歌年鑑』(せいしゅんうたねんかん・せいしゅんかねんかん)は、日本のレコード会社13社(発売当時は12社)が共同企画し、各レコード会社が発売しているコンピレーション・CDアルバムの総称である。

1950年代から1990年代の日本のヒット曲や話題曲をレーベルの枠を超えて各年代毎に集めたCDアルバムである。大きく分けると後述の9種類(99タイトルとBOXが5タイトル)が発売されている。

基本的には、オリコンシングル売り上げ年間100位以内の曲(1968年以降)を収録しているが、年間を通して話題性が高かった曲については、年間売り上げ101位以下であっても収録されている。(例:1985年尾崎豊「卒業」、1988年とんねるず「炎のエスカルゴ」など)。また、協賛レコード会社所属でベスト100に入っていながら収録されていないアーティスト(例:沢田研二[1]、長渕剛、サザンオールスターズ、竹内まりやなど)や、「青春歌年鑑」本編では未収録になったアーティストもいる(例:中島みゆき[2])。 また八神純子の「パープルタウン 〜You Oughta Know By Now〜」は『青春歌年鑑’80』収録時は発売当初の題である「パープルタウン」、『フォーク歌年鑑’80』・『青春歌年鑑 デラックス’80〜’84』収録時は現行の題として収録されている(音源・著作者表記は同じ)。