ユーチューブの再生が再び働いています! 不便を許してください。

Image of 君と100回目の恋

君と100回目の恋
miwa

試聴 SONG - 2017年02月08日

miwa – Kimi to 100-Kaime no Koi

本日2月4日、miwaと坂口健太郎が主演を務める映画「君と100回目の恋」の初日舞台挨拶が東京・TOHOシネマズ 新宿で行われ、主演2人とキャストの竜星涼、真野恵里菜、泉澤祐希、監督の月川翔が登壇した。

本作はmiwa演じる女子大生・葵海が事故で命を落とすことを防ごうと、坂口演じる幼なじみの陸がタイムリープを繰り返すというラブストーリー。劇中では葵海と陸、竜星演じる直哉、泉澤演じる鉄太がバンドを結成し、miwaが手がけた楽曲を披露する。

miwaは撮影について「陸みたいに一途男子の幼なじみが周りにいないので、『陸って私のこと好きなの?』って聞くシーンが難しかったです」と振り返り、マネージャーを相手にセリフの練習をしていたことを明かした。それに対し、坂口が「マネージャーさんはそれに対して『好きだよ』って答えるの?」と聞くと、miwaは「言わないよ!(笑)」と返していた。

また、映画のタイトルにちなんで「人生を100回繰り返しても守りたいものはなんですか?」という質問が寄せられると、miwaは「100回人生を繰り返しても、こうしてまたこの映画の初日を迎えたいです」と話して観客の大きな拍手を浴びる。最後はmiwaが「ストーリーも音楽も全身全霊を込めて作りました。皆さんの心に響くものになればうれしいです」、坂口が「キャストやスタッフが育て上げてきたものをこうして観ていただけることが幸せです。100回は時間的に厳しいと思いますが、30回、40回と観てドキドキ、キュンキュンしてください」と挨拶してイベントを締めくくった。