ユーチューブの再生が再び働いています! 不便を許してください。

Image of Sincerely…

Kenichiro Nishihara (西原 健一郎) - Sincerely…

海外DJツアーで磨かれたクラブミュージックをスタイリッシュに仕上げる独自のセンス、ESNOでの活動やアイドルへの楽曲提供で培った“家聴き”という新しい感覚…これらが、互いに融合し合いブラックミュージックの波が押し寄せるJ-POPシーンに一石を投じる作品に。アーティスト自身が作りたいと願い続けてきたアルバムが遂にここに完成…新鮮さと成熟さとがせめぎ合う10曲が収録された至極の1枚。「愛について」をテーマに未だかつてない豪華なフィーチャリング陣と共に紡ぎ出した全10曲。Kenichiro Nishiharaがアジアツアーを経て新たに感じた、世界に自信を持ってアピールできるTOKYO発、日本のグッドミュージックの要素を全て注ぎ込んだ、日本人にしか作り得ないジャジー・メロウ。ジャンルの垣根を超えて優れた日本のミュージシャンを新たな世界に紹介し、新次元の音楽作りに挑戦するという強い想いが、まるで奇跡のようなフィーチャリングを実現させた。丁寧に組み上げたビートと美しくも情緒的なピアノのメロディーは、日常を鮮やかに彩るアルバムに仕上がった。

収録曲
1. our love feat. mabanua
2. all these years feat. Shing02 & Marter
3. far away feat. Pismo
4. the blessing notes (inst)
5. embers feat. Loumina
6. light up the dark feat. substantial and Precious Joubert
7. shining light feat. Muhammad Iqbal (From Ikkubaru)
8. sincerely (inst)
9. sultry night (inst)
10. smile feat. Steph Pockets

PROFILE
2008年にリリースした1stアルバム『Humming Jazz』が、異例のヒットを記録。Billboard JAPAN Jazz Artist of the Year 2009/優秀ジャズアーティスト賞にノミネートされる等、一躍シーンの中心に登場した。2ndアルバム『LIFE』は、日本のみならず韓国の配信サイトにてJ-POPチャート1位を獲得し、その後3rd『illuminus』も含め、ほぼノンプロモーションにも関わらず、いずれも国内外を含めヒットを記録。2015年5月にリリースした4th『Jazzy Folklore』もiTunesジャズチャートにてアルバム・ソング部門共に1位を獲得し、その後、台湾・韓国・中国と海外ツアーを行い成功を納める。ダンス・ミュージックの視点から、全ての日常を、鮮やかに彩る『Folklove』プロジェクトや企業ブランドとのタイアップ企画、またコンピレーションへの楽曲提供やアーティストのプロデュースなど多岐にわたる作品・プロジェクトで手腕を振るっている。近年は、別名義プロジェクトESNOで元女子高生ラッパーDAOKOを迎えた”夕暮れパラレリズム feat. daoko”やリリカルスクールのニューアルバム『SPOT』へ提供した楽曲”CAR”が、次世代HIP HOPを予感させる、淡くPOPな世界観が多方面から支持を集めている。