ユーチューブの再生が再び働いています! 不便を許してください。

Image of Cahier de musique / 音楽手帖

阿部海太郎 - Cahier de musique / 音楽手帖

Umitaro Abe – Cahier de musique / Ongaku Techou

手帖に書きこまれた音符が小瓶にのって、やっと静かに海にたどり着いた。武田カオリが歌う『京都慕情』や、『楽興の時』などが、こうして自由に聴けるようになって本当にうれしい。ー山崎真央(gm projects/CAY音楽ディレクター)

類い稀な知性と感性を発揮しながら、どんな場面でも音楽の可能性の探求に挑み続ける阿部海太郎が、5枚目となるオリジナルアルバム『Cahier de musique 音楽手帖』をリリースします。
近年、NHKのテレビ番組のために書き下ろし、幅広い層から反響を呼んでいた楽曲の数々を、阿部が自らの視点で再構成しました。美術教養番組、旅番組、ドラマとジャンルは異なっても、そこで表現されようとする心情に丁寧に寄り添いながら、「手帖」に書きつけた音楽の数々がまとめあげられたアンソロジーは、架空のランドスケープを浮かび上がらせるようです。『京都人の密かな愉しみ』(BSプレミアム)のエンディングで視聴者の心を掴んだ、武田カオリが歌う「京都慕情」のアレンジ曲も収録。クラシカルな中に革新性、感情的な中にロジックがある、阿部海太郎の音楽世界が凝縮されたアルバムです。アートディレクションはK2の長友啓典。世代を超えた縁の記念碑的なジャケットが生まれました。

収録曲
01 Moments Musicaux – Prelude
02 Moments Musicaux – Choral
03 Miyako Sawafuji
04 Scene I, Kyoto
05 Reperages pour piano
06 Chemin efface
07 Reflections in a palace lake
08 Rondeau
09 Scene II, Kyoto
10 Autour de l amandier en fleur
11 Dans l amandier en fleur
12 Reverie
13 Scene III, Kyoto
14 Gavotte
15 Edward Heathrow
16 Boite a biscuits
17 Scene IV, Kyoto
18 Moments Musicaux – Theme
19 Reperages
20 Sequenza