ユーチューブの再生が再び働いています! 不便を許してください。

Image of Tea Times

Tea Times
大西順子

試聴 ALBUM - 2016年06月22日

Junko Onishi – Tea Times

本邦ジャズ界のレジェンドである大西順子が、引退宣言から4年目、前作から6年目のニューアルバムをリリース!プロデューサーは菊地成孔。数曲を除いて全作曲を手がけた彼は「大西順子のピアノ、という素材の素晴らしさをルネサンスさせる為に、あらゆる手を尽くした」と語っている。

楽曲は「デトロイトテクノのアコースティックバージョン」とも言うべき「Tea time」の1と2を始め、菊地も大西も敬愛するジョージ・ラッセルの「クロマティック・ユニヴァース」のカヴァー、ラッセル・マナーのオリジナル「GL/JM」、スタンダードチューンの「ブラックベリー」、5連譜を多用したスローブルース「フェティッシュ」等々、バラエティに富んだ、全10曲。

ドラムスはテリオン・ガリー、ベースは亡命キューバ人ジャズメンの中でも突出した才能を持つヨスヴァニー・テリーの実弟であるユニオール・テリーを起用。コンポーザー/アレンジャーである挟間美帆の楽曲「ジ・インターセクション」、狭間がブラスアレンジのみ手掛けた「GL/JM」は、これまでの狭間の作品を大きく越えた、暴力的なまでのオフェンシヴな筆致で聴く者を圧倒する。

他にもHIP HOPとのジョイント曲、ヴォーカル起用等全ジャズファンのみならず、あらゆる音楽ファンが聴き落としを許されない傑作「Tea Times」が誕生した。

HP: http://junkoonishi-art.com

【収録曲】
1. Tea Time 2
2. Blackberry
3. Tea Time 1
4. Chromatic Universe
5. GL/JM
6. The Intersection
7. Caroline Champtier
8. Malcolm Vibraphone X ft N/K OMSB
9. U Know ft OMSB  JUMA 矢幅歩 吉田沙良
10. Fetish