ユーチューブの再生が再び働いています! 不便を許してください。

Image of Butterflies

BUMP OF CHICKEN - Butterflies

『Butterflies』(バタフライズ)は、BUMP OF CHICKENのメジャー6作目(通算8作目)のオリジナルアルバム。2016年2月10日にトイズファクトリーから発売された。

前作『RAY』から1年11ヶ月ぶりにリリースされたオリジナルアルバムで、前作とのリリース間隔が2年を切ったのはメジャー・デビュー後初となった(ただしオリジナルアルバムと編集盤では間隔が2年を切った例がある)。

結成20周年記念日となる2月11日の前日に発売され、急ピッチでレコーディングされた作品となっている。通常盤のほか、DVDが付属した初回限定盤A、Blu-rayが付属した初回限定盤Bの3形態で発売された。

1.「GO」
発売後にソーシャルゲーム「グランブルーファンタジー」のテレビCM「Go into the blue」篇CMソング、及び、同ゲームを原作としたTVアニメ「GRANBLUE FANTASY The Animation」のオープニング・テーマに起用された。
直井が夢で見たエピソードが元となってこのタイトルに決まった。
アルバムの曲順はスタッフが仮で組んだものが元となっているが、メンバーはこの曲が一曲目に来たことを大いに納得している。
「宝石になった日」とともに、2016年2月8日放送の「SCHOOL OF LOCK!」で初オンエアされた。
東市篤憲監督によってミュージックビデオが製作され、2016年12月28日にYouTubeの公式チャンネルにて公開された。

2.「Hello,world!」
24thシングル「Hello,world!/コロニー」1曲目。

3.「Butterfly」
本作のリード曲で、既発曲を除けば最初に書かれた楽曲。
ロック系バンドには珍しくEDM調の楽曲であるが、メンバーは「バンドだからこそできた、今までで最もバンドらしい曲」と語っている。なお、この曲調は藤原曰く初めから流行に合わせて取り入れたわけではなく、一番良いアレンジを重ねた結果だとのこと。
曲中でリフレインするシーケンサのフレーズをどうしても入れたかったといい、レコーディングではこれをプロデューサー(MORと思われる)が演奏した。
メンバーの増川がこの曲について「肉体の限界を超えた曲」と評しており、恐らく自身が弾いたフレーズのタイム感や音符の長さに絶妙な気を配った為と思われる。なおこの曲で増川が弾くフレーズはライブでも2パターンしかない。
ライブでは、2015年12月31日に出演した『COUNTDOWN JAPAN15/16』で初披露され、本作のリリースに先駆けて、2016年1月21日の『SCHOOL OF LOCK!』で初オンエアされた。また、東市篤憲を監督に迎えて制作されたミュージックビデオが、同年1月27日にYouTubeの公式チャンネルにて公開され、同日にiTunes Store等の各音楽配信サイトにて先行配信された。

4.「流星群」
本作収録曲の中で最後に書かれた楽曲で、2015年8月に制作された。タイトルはアルバムの中で最後に決まった。製作期間の中で流星群があったため、そこに影響されたこともありこのタイトルに決まった。
バラード調の曲で、コーラス(すべて藤原の声)の後ろ側でパッドを用いたジェットサウンドが流れている。
藤原がマニピュレーターに曲の終盤のアレンジについて、すべての楽器を「8回表打ち」で揃えるよう伝えたところ、「8小節分表打ち」になっていた。しかし、それを気に入った藤原がメンバーにそのまま聴いてもらったところ、好評だったのでそのまま通した。

5.「宝石になった日」
発売後にカルピス「カルピスウォーター」のCMソングに起用された。音楽配信・着うた系をのぞく一般企業のCMタイアップは「涙のふるさと」以来約10年ぶりとなる。
「GO」とともに、2016年2月8日放送の『SCHOOL OF LOCK!』で初オンエアされた。
ストレートに熱い曲にせず、打ち込みなどの新しい表現方法があったからこそ出来上がった曲と語っている。なおこの曲にはコードストロークは一切存在しない。
ミュージックビデオが制作され、本作発売から約4ヶ月後の6月17日にYouTubeの公式チャンネルにて公開された。2016年4月にスタートしたスタジアムツアー『BFLY』の映像が使われている。

6.「コロニー」
24thシングル「Hello,world!/コロニー」2曲目。

7.「パレード」
5th配信限定シングル。

8.「大我慢大会」
リズム感のある楽曲であるが音の数自体は少なく、メンバーは「最小限の音で最大限の効果を発揮した楽曲」と語っている。
曲の終盤で復唱するコーラスが登場するが、デモテープの段階では藤原が意図的にコーラスを使わなかった。しかし、藤原がプロデューサーとの話し合いの中で、思いつたことをやっていこうと考え、最終的にコーラスが取り入れられた。コーラスはすべて藤原の声。

9.「孤独の合唱」
2015年7月に制作された楽曲。
イントロのフレーズは、バンジョーやブズーキ、マンドリンなどの楽器で演奏している。一発録りでも打ち込みでもなく、生楽器を演奏してループのフレーズを作り、それを打ち込む形でリズムトラックを構築した。
リズムトラックで主に使用した楽器はグランカッサ、ロータムなど。コーラスは藤原以外のメンバーで録音したもの。

10.「You were here」
3rd配信限定シングル。

11.「ファイター」
4th配信限定シングル。

隠しトラックに「TO.I.KI」(作詞・作曲:BUMP OF CHICKEN)が収録されている。打ち込みが多く使われており、序盤と中盤に流れる呪文のような歌詞は、逆再生をすることによって内容が聞き取ることができる。最初は無音だが、8分20秒ごろから曲が始まる。また、曲が終了したあとも2分25秒の空白がある。