ユーチューブの再生が再び働いています! 不便を許してください。

Image of 情景 -後篇-

GOMESS - 情景 -後篇-

GOMESS – Joukei -Kouhen-

GOMESSのニューアルバム「情景 -後篇-」が12月14日にリリースされる。

4月にリリースされたアルバム「情景 -前篇-」の続編にあたる今作にはコショージメグミ(Maison book girl)、柴田匠(MINOR LEAGUE)、蟻(キミノオルフェ)、KAIRI、坂口喜咲、中尾有伽、春ねむり、藤澤有沙、Paranelがゲストアーティストとして参加。映画「Monologue」の劇中歌「Break Of Day(for K)」、1stアルバム「あい」に収録された「伝説」の新アレンジバージョンなど、“春を迎えられなかった冬”を表現した13曲が収められる。

また12月11日には東京・BATICAにて、「情景 -後篇-」の発売を記念したライブイベント「血管 vol.1」も開催。当日GOMESSはmikichu(Key, Vo)、mitsuyoshi(G)、矢車(DJ)をメンバーに迎えたGOMESS BAND名義で出演し、春ねむりらを競演者に招く。

収録曲
01. 消滅
02. Spica with 中尾有伽
03. sore eyes with 春ねむり
04. 伝説(Reprise)
05. 杞憂であれ夢 with 藤澤有沙, 柴田匠
06. Break Of Day(for K)
07. MUKU
08. 怪物 with KAIRI
09. 最後の日 with コショージメグミ, 蟻
10. 空空 with 坂口喜咲
11. 情景 with Paranel
12. さよならのあとで
13. 虹と花束 / 中尾有伽

GOMESS自身ではなく、他者を表現した「情景」の後編にあたる本作。「おまえの人生を愛せ」と皆の個性に強いメッセージを向けた温かい言葉と、アーバンなシティポップサウンドの”MUKU”(知的障害者のアート作品をネクタイにする企画「MUKU」テーマソング)を始め、10月8日に山梨県で行われる「夜空と交差する森の映画祭」にて上映される「Monologue」の劇中歌”Break Of Day(for K)”などを収録。前篇の収録曲”Fake”に続き、映画音楽として彼の才能が発揮されている。またファーストアルバム「あい」で収録されていた楽曲”伝説”をソロピアノアレンジ「伝説 (reprise)」として収録。センチメンタル岡田の奏でるキース・ジャレットのような哀愁あるピアノにGOMESSの詩が心に響き、原曲とはまた違った涙が出てくる。前篇でMV、ジャケットなどビジュアルのみの参加だった謎の女性、モデルの中尾有伽は今回はキーパーソンとして楽曲に参加している。徳間ジャパンでメジャーデビューが決まったMaison book girlのコショージメグミも参加が決定。全人類に向けて届ける「感情」の創作。彼が作り上げた世界がここに完結。