ユーチューブの再生が再び働いています! 不便を許してください。

Image of サイレントマジョリティー

サイレントマジョリティー
欅坂46

試聴 SINGLE - 2016年04月06日

Keyakizaka46 – Silent Majority

「サイレントマジョリティー」(Silent Majority、略称:サイマジョ)は、日本の女性アイドルグループ欅坂46の楽曲。秋元康が作詞、バグベアが作曲した。2016年4月6日に欅坂46のデビューシングルとしてSony Recordsから発売された。楽曲のセンターポジションは平手友梨奈が務めた。

DVD付属のType-A・B・C、CDのみの通常盤の4形態で発売。発売日は欅坂46のグループ名である「46」に合わせて2016年4月6日とし、2015年10月から欅坂46の冠番組『欅って、書けない?』を放送開始することによって期待値を高めながら、2015年8月にグループを結成以降、約8か月後のCDデビューとなった。

表題曲「サイレントマジョリティー」は「沈黙する大衆」、「静かな多数派」を意味し、発売前の仮タイトルは「僕らの革命」だった。「サイレントマジョリティー」にはAKB48や乃木坂46の歴史から学んだ教訓がいかされており、アイドルソングとしては珍しい低音寄りの構成で、軍隊のような衣装と[注 1]、統率されたダンス、メッセージ性の強い歌詞を、女性アイドルグループらしからぬ出立ちでクールに表現し、「システマティックに作られた社会を象徴するシーン」と「若者の力強さと勢いを表したシーン」の2つの情景が取り入れられている。

歌詞は「声を上げない者たちは 賛成している」のと同じだというベトナム戦争時代のリチャード・ニクソン大統領の言葉を彷彿とさせる台詞が登場し、AKB48のような同じ衣装を着て踊るマニファクチャード・ガール・グループ(manufactured girl group)として生まれながらも、自らに対し「似たような服を着て」と自己否定論を投げかけることによって、自我に目覚め、自分たちの現状に一石を投じるような、学生運動を思わせる内容になっている。秋元康によれば、一見すると彼女たちの立場は矛盾を抱えているように見えるが、そこには良心の叫びがあり、そのような叫びを出発点とする彼女たちが、これからどのような道を切り開いて行くのか、期待を込めて作詞した。

ダンスは演劇的なダンスパフォーマンスを踏襲し、曲や歌詞が指し示す対象をそのまま直接的に表現する手法が用いられ、フォーメーションダンスを交えながら、民衆を導く自由の女神を象徴するセンター・平手友梨奈が、左右に並んだメンバーの間を突き進んで行くモーセの十戒と呼ばれる振付によって、自我の胎動がはじまる表現とともに、「社会のシステマティックさと、若者の自我の焔(ほのお)の両面を対比させた画」が写実されている。

欅坂46が乃木坂46と異なる点は、そこにある明確な意志の強さであり、乃木坂46が可愛らしい高級感を求めてフランスの女子校のような世界を志向したのに対し、欅坂46はスタイリッシュな格好良さを求めてイギリスのモッズのような世界を志向した。

初回限定盤 Type-A
DISC 1
01. サイレントマジョリティー
02. 手を繋いで帰ろうか
03. 山手線
04. サイレントマジョリティー off vocal ver.
05. 手を繋いで帰ろうか off vocal ver.
06. 山手線 off vocal ver.

初回限定盤 Type-B
DISC 1
01. サイレントマジョリティー
02. 手を繋いで帰ろうか
03. 渋谷川
04. サイレントマジョリティー off vocal ver.
05. 手を繋いで帰ろうか off vocal ver.
06. 渋谷川 off vocal ver.

初回限定盤 Type-C
DISC 1
01. サイレントマジョリティー
02. 手を繋いで帰ろうか
03. 乗り遅れたバス
04. サイレントマジョリティー off vocal ver.
05. 手を繋いで帰ろうか off vocal ver.
06. 乗り遅れたバス off vocal ver.

通常盤(CD)
01. サイレントマジョリティー
02. 手を繋いで帰ろうか
03. キミガイナイ
04. サイレントマジョリティー off vocal ver.
05. 手を繋いで帰ろうか off vocal ver.
06. キミガイナイ off vocal ver.