ユーチューブの再生が再び働いています! 不便を許してください。

Image of Request

とがわ ちずこ - Request

Chizuko Togawa – Request

前作の『It’s Easy to Remember』では日本を代表する岡安芳明(ギター)、吉田桂一(ピアノ)、佐々木悌二(ベース)この黄金トリオをバックにすスウィートな歌声を披露し好評を博した。
今作品ではしばたはつみ門下生の頃しばたのサイドメンとして活躍していた片桐幸男の誘いもありアコーステックギター2本をバックに歌とギターの絶妙なインタープレイと見事な歌唱を披露。

1. Amapola (L : Luis Rolan M ; Joseph LaCalle)
2. Feel Like Making Love (L & M : Eugene McDaniels)
3. How Insensitive (L : Norman Gimbel M : Antonio Carlos Jobim )
4. What A difference A Day Makes (L & M : Maria Grever)
5. My Favorite Things (L : Oscar Hammerstein II M : Richard Rodgers)
6. A Boy Named Charlie Brown (L & M : Rod Mc Kuen)
7. Here’s That Rainy Day (L : Johnny Burke M : Jimmy Van Heusen)
8. Cheek To Cheek (L & M : Irving Berlin)
9. My Love (L & M : Paul McCartney, Linda McCartney)
10. If (L & M : David Gates)

とがわ ちずこ
18歳から、ジャズシンガーとして都内のライヴハウス、宇都宮のライヴハウスで歌い始める。故しばたはつみに弟子入り
付き人兼バックコーラスとして、全国ディナーショー、ツアーに参加する。21歳 ニューヨーク語学留学半年後、水森亜土
率いる未来劇場入団、博品館劇場、俳優座劇場の舞台を経験する傍ら、国分寺アレキサンダーにて、岡安バンドでvocal
をつとめる。ホテルラウンジ、レストランにて、ピアノ弾き語り、都内のライヴハウス、横浜のライヴハウスに、レギュラー出演。
26歳の時、テレビ東京世界のリゾート、レポーターとしてニューヨークへ。帰国後、再び都内ライヴハウス、横浜のライヴハ
ウスにて活動。2005年、新横浜に、ピアノラウンジをオープンン、後身の育成に、力を注ぐ。その傍ら、年に二回、ホテルで
のディナーショーを開催するなど精力的に活動している。2014年6月にホワッツニューレコードから岡安芳明、吉田桂一、佐
々木悌二らとデビューアルバム「It’s Easy to Remember」を発売し好評を博す。