ユーチューブの再生が再び働いています! 不便を許してください。

Image of Lullaby

Lullaby

同曲は、映画『淵に立つ』(10月8日公開)の深田晃司監督の依頼によって主題歌として起用され、HARUHIが映画の世界観をとらえて書き下ろした楽曲。映画と同様、MVも深田監督が制作している。

 深田監督初となるMVは、HARUHIのリアルな死体が、「Lullaby」=「子守唄」を聞きながら少しずつ蘇っていく様子が1カメ長回しで映し出されるという映像になっている。

 MVは映画『淵に立つ』のロケで使用された埼玉県のとある工場にて撮影。はじめに目を覚ましてほほ笑むHARUHIのシーンの本番撮影が行われ、続いてHARUHIの死体が徐々に腐敗していくシーンの長回し撮影となった。HARUHIのリアルな造形は、特殊メイク・造形工房 自由廊にて実際にHARUHIの型をとって制作。中身がチョコレートで作られており、高熱で溶かしていくことで、リアルに腐敗していくように見えるという仕組みになっている。

 MVではこの長回し映像を逆再生させることで、HARUHIが死体から徐々に蘇っていくように見える。また、あらかじめ逆再生の状態で撮影された壁に投影された映像は、元通り自然に再生されるというギミックもあり、深田監督の作家性あふれる作品になっている。

 また、「Lullaby」は本日10月5日より、配信がスタートした。

HARUHI コメント
深田監督との今回のコラボレーションは、MVのコンセプト、生きること・死ぬことへの考え方が素晴らしいと思いました。
人が生まれてから死ぬまでのタイムラインをこの2分間で描かれていると思います。
生き方、人間関係、誰かのためにどんなことをしてあげられるのか。自分に対して問いかけるような想いをこの楽曲で表現しました。
映画と音楽、そしてMVの3つが連動したアート作品になったことを嬉しく思います。

深田監督 コメント
MVのコンセプトは ” Lullaby”の中で歌われる、眠りにつくこと、夢を見ることを、誰にも訪れる死の訪れになぞらえて、正しく流れる記憶の時間と死から生へと遡る不思議な肉体をひとつの画面に併置するアイディアを思いつきました。ミュージックビデオでありながら、これだけ好き勝ってな企画を面白がってくれたHARUHIさんに感謝します。

撮影時のエピソードとしては、小さい芝居というのは、実は大きい芝居よりも難しかったりするのですが、HARUHIさんは素晴らしい集中力でとても豊かな小さな笑顔を見せてくれました。
技術的には、『さようなら』という昨年作った映画の、ある重要なシーンでの、肉体が物質的に朽ちるまでをCGなしでワンカットで捉える手法を換用しました。『さようなら』のときと比べ写実的なリアルな死体というよりも、リアルと抽象の間ぐらいの、ちょっと不気味で美しい、絵画的な絵を作り出すことができたのではないかと思います。
ちなみに、撮影場所は『淵に立つ』のメインロケ地を拝借しました。

出来上がったMVを見て、HARUHIさんの持つ若さと美しさをそのまま切り取ることのできたラストの瞬間がとても気に入っています。