ユーチューブの再生が再び働いています! 不便を許してください。

Image of Aspiration

Aspiration

元Aldiousのヴォーカリスト、そしてRaglaiaのヴォーカリストとして、ガールズ・メタル界でトップクラスの人気を誇るRAMIが遂にソロデビュー!
プロデューサーにはGALNERYUSやANIMETALのプロデュースで知られる久武頼正氏を迎え、その指揮の下、作曲や演奏陣に豪華アーティストが参加。
更に海外の売れっ子作曲家も参加し、驚愕の完成度を誇る傑作ソロアルバムが完成しました!!

1. Overture To Aspiration
2. In My Eyes
3. Secret Flame
4. Forever Precious
5. Sing For You
6. 恋しさと せつなさと 心強さと
7. Pray To the Sky
8. Rainwater

アーティストについて
Aldiousの初代Voで、2枚のアルバムでほぼ全曲の作詞を担当、「Across」「Eversince」など人気曲の作曲も行う。
2015年にはプロジェクトバンド、Raglaiaを結成、4月にシングル『Breaking Dawn』で再デビュー。アルバムのリリース前に東名阪クラブクアトロ・ワンマンツアー、東京キネマ倶楽部ワンマンライヴを成功させ、11月にリリースした1stアルバム『Cleation』はオリコンデイリー14位/週間22位にランクイン。
そして2016年2月に代官山UNITをはじめとする東名阪ワンマンツアー後、さらに活動の幅を広げるため、長年の目標であったソロ活動を開始。11月からは東名阪ツアーも決定している。

■BURRN! 2016年10月号■
RAGLAIAを率いてシーンに復帰した元ALDIOUSのシンガーによるソロ名義のデビュー・アルバム。まず作曲陣が豪華で、GALNERYUSのSyuが124、GARGOYLEのKENTAROが58、スウェーデンのサミュエル・ヴェルモとマッツ・ヴァレンティンが3、GALNERYUSのYUHKIが7を提供。篠原涼子のカヴァー6(作詞作曲は小室哲哉)は根源的なルーツだろう。プログレッシヴなメタルからポップ・フィーリングが活きたものまで、外部ライターのマテリアルと向き合ったことで、過去の作品では表現してこなかった部分を含め、彼女の歌唱のポテンシャルが多彩に堪能できる内容に仕上がった。よりポジティヴさが見出せる歌詞と併せ、新たな展開を予感させる充実ぶりだ。(土屋京輔氏)

■WeROCK Vol.054■
アルディアスの初代ヴォーカルとして一世を風靡し、活動休止を経て、ラグライアで復活を果たしたRAMIのソロ・アルバムが登場した。ガルネリウスのSyuやYUHKI、ガーゴイルのKENTARO、ケリー・クラークソンやバックヤード・ベイビーズに楽曲を提供しているマッツ・ヴァレンティンがといった内外の著名人が曲作りに参加したこの作品は、ガルネリウス風のメロディック・スピード・メタルから、キャッチーな80年代スタイルのポップ・メタル、J-POP系のロック・チューン、さらに妖艶なバラードまで多彩なナンバーを収録しており、じつに華やかな作品に仕上がっている。アルディアスやラグライアとは一味違うRAMIのエモーショナルで妖艶な歌唱も聴きどころ。(Jun Kawai氏)

■YOUNG GUITAR 2016年10月号■
元アルディアス、現在はラグライアで活躍する日本の女性シンガーによるソロ・アルバム。バンドであるラグライアよりも歌唱に重きが置かれ、また楽曲のバラエティが豊富だ。彼女のルーツにあるであろう歌謡曲/J-POPへの敬意も明確に読み取れる。篠原涼子with t.komuroの「恋しさと せつなさと 心強さと」のカヴァーも秀逸。一方、ガルネリウスのSyu(g)とYUHKI(key)、ガーゴイルKENTARO(g)らが作曲・演奏に関わっており、歌唱中心とは言いながら本誌読者の気にかかるようなギター・プレイもたっぷり用意されているので、要チェック。RAMIの音楽活動への高い意欲が示された作品だ。(小澤明久氏)