ユーチューブの再生が再び働いています! 不便を許してください。

Image of 愛してもいいですか?

愛してもいいですか?

Minami Takahashi – Aishite mo ii desu ka?

高橋みなみの1stソロアルバムの詳細が明らかになった。

今年3月に神奈川・横浜スタジアムで行われたAKB48グループの「高橋みなみ卒業コンサート」の中で、ソロアルバムリリースを発表した高橋。発売日は10月12日、タイトルは「愛してもいいですか?」に決定した。

このアルバムにはプロデューサー・秋元康の「高橋みなみとつながりのあるアーティスト、本人の才能をより引き出していただけるアーティストに楽曲を提供していただく」というコンセプトのもと、すでに発表済みの岸谷香、高見沢俊彦(THE ALFEE)、槇原敬之のほか、OKAMOTO’S、名嘉俊 (HY)、前山田健一、玉置浩二、真島昌利(ザ・クロマニヨンズ)、来生えつこ、来生たかお、榊いずみが作詞作曲で参加する。さらにカーリー・レイ・ジェプセン、ビリー・スタインバーグ、ジョシュア・アレキサンダーも共作で楽曲を提供。この曲の日本語詞は高橋本人が担当した。

槇原によるアルバムリード曲「カガミヨカガミ」はパワフルなロックチューン。槇原はこの高橋のボーカルについて「『新堂本兄弟』でコーラスをやってたときから、より一歩メインシンガーに成長したのを感じます」と語っている。また、OKAMOTO’Sのオカモトショウ(Vo)、オカモトコウキ(G)が手がけた「夢売る少女じゃいられない」では、メンバー4人がレコーディングに立ち会いコーラスでも参加。オカモトショウは「難しい譜割がたくさんある中で、完璧に歌ってくれたので楽曲自体の魅力も一段と増しました」とコメントしている。

なお、作品にはボーナストラックとしてNHK Eテレ「いじめをノックアウト」いじめを考えるキャンペーンソングの「あの空」を収録。高橋は今回のアルバムについて「まだまだ未熟ですが、今の自分に出来ることを精一杯出し切りました! 今までお見せしたことのない高橋みなみの新しい面を、1面ではなく11面お見せします!」と意気込みを語っている。

【CD収録曲】全12曲収録 曲順未定
1. 「カガミヨカガミ」 (作詞・作曲:槇原敬之)
2. 「GIRLS TALK」 (作詞:岸谷 香・木村有里、作曲:岸谷 香) ※MMORPG「アヴァベルオンライン」TVCMソング
3. 「愛しくて恋しすぎて」 (作詞・作曲:高見沢俊彦)
4. 「ティンクル」 (作詞・作曲:玉置浩二)
5. 「夢売る少女じゃいられない」 (作詞:オカモトショウ・作曲:オカモトショウ、オカモトコウキ)
6. 「笑顔」 (作詞・作曲:真島昌利)
7. 「カツ丼 in da house」 (作詞・作曲:前山田健一)
8. 「アンバランス」 (作詞:来生えつこ、作曲:来生たかお)
9. 「未定」 (作詞・作曲:Carly Rae Jepsen・Billy Steinberg・Joshua Alexander、日本語詞:高橋みなみ)
10.「わたしの証明」 (作詞:榊いずみ、作曲:榊いずみ・佐藤亙)
11.「いつか」 (作詞・作曲:Shun Naka (HY) )
<ボーナストラック>
「あの空」 (作詞:高橋みなみといじめをなんとかしたい! みなさん、作曲:奥田もとい) ※NHK Eテレ「いじめをノックアウト」いじめを考えるキャンペーンソング