ユーチューブの再生が再び働いています! 不便を許してください。

Image of わたしは人類

わたしは人類

Etsuko Yakushimaru – Watashi wa Jinrui

やくしまるえつこの新曲「わたしは人類」が、Apple Music&iTunes Storeにて本日16日から先行配信を開始した。この楽曲はバイオテクノロジーを用いて制作され、音源と微生物の形で発表。実際にこの楽曲をDNAに暗号化して組み込んだ遺伝子組換え微生物も培養・展示される。

また、「わたしは人類」は国際芸術祭「KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭」のテーマソングとなっている。バイオテクノロジーを用いて制作した楽曲を国際芸術祭のテーマソングとし、更にポップミュージックとして流通させ、微生物そのものも音楽作品として展示する、この試みは世界初となり、国内でも初めて経済産業大臣から大臣認可を受けた作品となる。

やくしまるによる「わたしは人類」のコンセプトは「人類滅亡後の音楽」。古来より伝達と記録によって継続されてきた人類の歴史。そして同じく伝達と記録、また、変容と拡散の歴史の中にある音楽。その関係性と、遺伝子とDNAとの関係性の類似に着目し、いつか人類が滅んだとしても、新たな生命体が記録/DNAを読み解いて奏で、歴史をつなぐことのできる音楽として「わたしは人類」は遺伝子組換え技術を用いて制作された。

「KENPOKU ART」が開催される茨城県北地域は自然と科学の深い結びつきを持ち、海と山には、古くかららん藻(シアノバクテリア)が生息している。やくしまるは、このシアノバクテリアの一種である微生物「シネココッカス」の塩基配列を組み込んだ楽曲を制作、さらにその楽曲情報をコドン変換し、DNAを人工合成してこの微生物の染色体に組み込み、楽曲そのものはもとより、この遺伝子組換え微生物そのものを「わたしは人類」として発表。制作された音楽をDNA情報にもつ遺伝子組換え微生物は自己複製し続けることが可能なため、最強にして最長の音楽記録媒体、歴史に類を見ない流通形態となる。

この”音源”と”遺伝子組換え微生物”の形で発表する作品「わたしは人類」の微生物と、「わたしは人類」の世界観とリンクするやくしまるの楽曲「ロンリープラネット』」を染色体に組み込んだ微生物の展示も行われる。渋谷道玄坂・FabCafe MTRLに本日16日からオープンするBioLab(バイオラボ)にて、2016年9月16日から9月30日まで「ロンリープラネット」の微生物、11月10日から11月20日まで「わたしは人類」の微生物を実際に見ることが出来る。

やくしまるえつこ コメント
「人類滅亡後の音楽」
人類は古来より伝達と記録によってその歴史を継続させてきた。そして音楽の歴史もまた、伝達と記録、ひいては変容と拡散の中にある。歌われ/奏でられた音楽は、口承で/楽譜で/ラジオで/レコードやCDで/クラウドで、他者に伝えられ/複製され/演奏され、その過程で変異を発生させながら時空を超えて拡散する。音楽とメディアの深いかかわりは、伝達と記録の関係性であり、それは遺伝子とDNAであるとも言える。

「KENPOKU ART」が開催される茨城県北地域には自然と科学の深い結びつきがあり、それは人間のユニークな創造性によって深められ、多くのエネルギーを生んできた。自然とともに科学技術を発展させることは、自然のもつ記録/DNAを読み解き、その意味する情報/遺伝子を人間ならではの科学技術や芸術に置き換えて伝えていくことでもある。そしてそのさいに発生する/させる変異には大きな生命力――存続のためのエネルギー――が宿る。

このように様々なエネルギーをもつこの地の海と山には、古くかららん藻(シアノバクテリア)が生息している。このシアノバクテリアの一種である微生物「シネココッカス」の塩基配列を組み込んだ楽曲を制作し、さらにその楽曲情報をコドン変換し、DNAを人工合成してこの微生物の染色体に組み込む。楽曲そのものはもとより、この遺伝子組換え微生物そのものを「KENPOKU ART」のテーマソングとし、新しい音楽――伝達と記録、変容と拡散――の形を探る試みである。この音楽をDNA情報にもつ遺伝子組換え微生物は自己複製し続けることが可能である。いつか人類が滅んだとしても、人類に代わる新たな生命体がまたその記録を読み解き、音楽を奏で、歴史をつなぐことになるだろう。