ユーチューブの再生が再び働いています! 不便を許してください。

Image of はなつおと

はなつおと

Aragehonzi – Hanatsu Oto

アラゲホンジが明日9月7日にニューアルバム「はなつおと」をリリースする。

アラゲホンジは、日本各地の民謡とブラックミュージックの融合をコンセプトにした7人組バンド。彼らがアルバムをリリースするのは2013年11月に発表された2ndアルバム「たからかぜ」以来、約3年ぶりとなる。

内田直之(LITTLE TEMPO)と高橋健太郎がエンジニアを務めた本作には、先行アナログ7inchシングルとして発売した「でたらめ神楽」と「Echo」を含む全9曲を収録。SoundCloudではこのアルバムの試聴音源を聴くことができるほか、バンドのYouTube公式チャンネルでは「でたらめ神楽」のミュージックビデオが公開されている。

01. 秋田大黒舞(秋田県民謡)
02. Echo
03. でたらめ神楽
04. 十万人の橋
05. このゆびとまれ
06. ハルカゼ
07. はなつ音
08. たま送り
09. 生保内節(秋田県民謡)

アーティストについて
2007年、秋田県湯沢市出身のソングライター 齋藤真文を中心に結成。東北地方をはじめ日本各地の民謡や伝統リズムと、汎ブラック・ミュージックの融合を柱に置き、「秋田音頭」、「相馬盆唄」、「リンゴ追分」などのカバー曲にも独自のアップデートを加えて提示する。2010年には”FUJI ROCK FESTIVAL ROOKIE A GO-GO”に出演し、以降”SUKIYAKI MEETS THE WORLD”、”橋の下世界音楽祭”など、全国各地の音楽フェスに参加。2013年の2ndアルバム「たからかぜ」発売時には、新聞・雑誌・ラジオなど多くのメディアから注目された。2016年9月、3rdアルバム「はなつおと」をリリース予定。さらなる洗練と進化を遂げた新譜に期待が集まる。