ユーチューブの再生が再び働いています! 不便を許してください。

Image of 青い図書室

手嶌葵 - 青い図書室

Aoi Teshima – Blue library

今年6月にデビュー10周年を迎えた手嶌葵。
その揺るぎない唯一無二の声の魅力から、数多くのCMやドラマなどで彼女の声が起用され、
フジテレビ系月9ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」 主題歌「明日への手紙」のヒットも記憶に新しい。
「今、日本でいちばん求められている歌声」とも形容される、そんな彼女の約2年ぶりとなる待望のオリジナルアルバム。

前作「Rendze-vous」に続くセルフプロデュースとなる今作は、懐かしくて新しい、どこか不思議で異国情緒あふれる手嶌葵ワールドに彩られた全9曲。
自身が一番好きな映画として公言する映画「紅の豚」の主題歌「時には昔の話を」をライブでも歌唱するなど、幼い頃から敬愛してやまない
加藤登紀子の書き下ろし曲2曲(「想秋ノート」「白い街と青いコート」)も収録。前作に続き作詞家いしわたり淳治書き下ろし曲が4曲収録、
さらには手嶌本人による作詞曲も2曲収録される。

ジャケットは前作「Rendze-vous」でもアルバムの世界観を繊細で美しく表現したイラストレーターの初見寧による描き下ろしイラストジャケット。

初回限定盤には今年5月にかつしかシンフォニーヒルズにて行われた「手嶌葵 10th Anniversary Concert」の貴重なライブ音源をヒット曲「明日への手紙」含む8曲収録したボーナスディスクが付属。

【CD】Disc.1
01. 想秋ノート
02. 白薔薇のララバイ
03. ナルキスと人魚
04. 海を見つめる日
05. 蒼と白~水辺、君への愛の詩~
06. ワインとアンティパスト
07. ミス・ライムの推理
08. Handsome Blue
09. 白い街と青いコート