ユーチューブの再生が再び働いています! 不便を許してください。

Image of 不完全な音楽

Chanty - 不完全な音楽

Chanty – Fukanzen na Ongaku

Chanty初となるミニアルバムが遂にリリース! 全国流通音源としては2015年12月以来となり待望の新作となる。
収録曲全てが書き下ろし楽曲となり、さらに進化したChantyの世界が垣間みえる作品となる。
9月16日には毎年恒例となった3周年記念ワンマンをTSUTAYA O-WESTで開催し、9月19日からはワンマンツアー「ゆらゆら揺れる月明かり水面に映るキミとボク」を全国5都市で開催! そして、10月21日は過去最大キャパとなるLIQUIDROOMでのワンマンライヴも決定している。
初回限定盤には、2016/4/29 TOKYO FMホールのダイジェスト映像を収録したDVDが付属される他、各タイプそれぞれに1曲ずつ異なる楽曲も収録。

1. ねたましい
2. 今夜未明
3. 無限ループ
4. 滅菌、消毒、絆創膏。
5. 世界に見捨てられてもきっと音は鳴り止まない

アーティストについて
2013年7月、Vo.芥を中心にバンド結成。バンド名のChanty (読み:シャンティー)は、元々船頭によって歌われたリズミカルな労働歌を意味する。
「労働歌」の意味の通り、どんな苦難も音楽の力に救われてきた彼らが、バンド自体をひとつの船と考え、メンバーが船頭となり、Chantyに関わる全ての人へ羅針盤のような歌を届けたいという想いを込めてつけた名前である。
スリリングな楽曲に、奇想天外なアレンジを加え構築された楽曲は、聴く者に強烈な印象を与える。
また、昨今の同期主体のサウンド構成に相反し、シンプルながらにして最低限の音で世界観を演出する手法からは、各々の表現力の高さが伺えしれる。
ライヴでは、静と動を巧みに操りながら、緊張感のあるスリリングなステージを展開し、圧倒的な世界観を創りだしている。