ユーチューブの再生が再び働いています! 不便を許してください。

Image of nicoten

nicoten

nicotenが8月3日にリリースする2ndフルアルバム「nicoten」の詳細を発表した。

バンド名を冠したこの作品はメンバー自らが作詞、作曲、アレンジを手がけたセルフプロデュース作品。今作にはコミカルなラップを取り入れた「1.2.3」や今年配信リリースした「半径6センチメートルの世界」「テレパシー」「杏仁豆腐の逆襲」など全10曲が収められる。

nicotenはジャケットおよび最新のアーティストビジュアルも公開。アートディレクションはインディーズ時代のミニアルバム「メトロナポリタン」を手がけた山崎泰弘(STANDARD)が担当し、撮影は中野敬久が行った。

宮田航輔(Vo, G)コメント
1枚目のアルバム「アンシャンテリーゼ」の発表から約1年。POPSをやりたくなって約5年。正直に話をしようと思います。色んな曲があっていいじゃないかと幅を広げ、尺度を変えては自分達の描きたいモノを作ってきました。僕らが演奏し、歌う事でPOPSとして成り得る確信があったからです。でもそれは同時に良い意味でも悪い意味でも、バンドの色がなく見られました。今思えば、聴いてくれる人の色に染まりたかったんだと思います。去年たくさんの人と出会いました。その中で僕が知ったのは自分の色を見せなかったら誰の感情も動かせないし、忘れられてしまうということ。だからこそ言わせてください。「僕らの色がついた新しいアルバムができました。」僕らはこの作品を最後に新たな方向に進む気がしています。だからこのアルバムを「nicoten」と名付けました。僕らの色を見てください。

1. 1.2.3
2. テレパシー
3. サイダーの泡
4. Summertime
5. 半径6センチメートルの世界
6. にびいろジーン
7. 私が今日泣いたことは桜のせいにして
8. 歩幅
9. 杏仁豆腐の逆襲
10. 休日戦線異状なし