ユーチューブの再生が再び働いています! 不便を許してください。

Image of Swallowtail Butterfly ~あいのうた~

anderlust - Swallowtail Butterfly ~あいのうた~

anderlust – Swallowtail Butterfly ~Ai no Uta~

シンガーソングライター越野アンナとBass西塚真吾からなる新感覚の大型新人ユニットanderlustが、7月12日So-net20周年タイアップソングとして、カバー曲「Swallowtail Butterfly ~あいのうた~」を発表し、先行配信をスタートした。

この楽曲は、8月24日にリリースされるセカンドシングル「いつかの自分」の初回盤、通常盤にも収録される。So-netサービス開始20周年の2016年に、1996年生まれの20歳の越野アンナが、1996年の20年前に創られた「Swallowtail Butterfly ~あいのうた~」を伝えていくというのが今回のSo-net×anderlustの企画のコンセプトの一つである。anderlustとSo-netのInstagramアカウントはそれぞれ先月から開設され投稿されていたが、今回の発表を持って、その裏にはSo-netと越野アンナの20年間の歩みを残すという意図が今ここに紐解かれた形になった。

今回のタイアップソングとなった「Swallowtail Butterfly ~あいのうた~」は、今からちょうど20年前にあたる1996年に公開された岩井俊二監督の映画『スワロウテイル』の劇中に登場する、主人公グリコがボーカリストをつとめる架空の無国籍バンドYEN TOWN BAND名義の楽曲。

オリジナルバージョンのプロデュースを務めた小林武史が、今回のanderlustバージョンのために施したリアレンジは、テンポアップによる疾走感と越野の伸びやかなヴォーカルによって、未知なる異空間・異次元感覚すら覚えるファンタジックなものでありつつ、デジタルの発達によって物事すべてが多様化かつ高速化している現代にマッチした、まさに2016年“今”の雰囲気を表す素晴らしい楽曲となっている。またファーストシングル「帰り道」でも評判となった、ボーカル越野アンナの伸びやかで空を突き抜けるような歌声は、今回の「Swallowtail Butterfly ~あいのうた~」でも遺憾なく発揮されている。そしてこの度So-netは、So-netが大切にしてきた「つなげる」をコンセプトに「20年後も一緒」をテーマとしたフォトコンテストを開催。

7月14日から放送が開始されるフジテレビ“ノイタミナ”アニメ「バッテリー」では、オープニング・テーマとしてオリジナル楽曲「いつかの自分」、そしてエンディング・テーマとして松たか子の大ヒット曲のカバー「明日、春が来たら」と、オープン&エンド両方のテーマソングをanderlustが担当。まさに異例の大抜擢を受ける。

同アニメは、累計発行部数1000万部のベストセラーを記録する青春野球小説『バッテリー』(あさのあつこ著/角川文庫)を原作としており、刊行から20年の節目である今年、TVアニメ化となる。岡山の豊かな自然を背景に主人公、巧と豪の出会いから、揺れ動く関係の予感を描いた美しすぎる映像と、今回も小林武史氏プロデュースによるanderlustの明るく前向きな雰囲気の中にどこか“せつなさ”を感じさせるポップサウンドがマッチした作品となっている。