ユーチューブの再生が再び働いています! 不便を許してください。

Image of Japan's Period

Japan's Period

No Lie-Senseが2ndアルバム「Japan’s Period」を4月20日にリリースする。

オリジナルアルバムとしては2013年11月に発表の「First Suicide Note」以来、およそ2年5カ月ぶりとなる「Japan’s Period」。本作にはライブでも披露された「君も出世ができる」をはじめ11曲が収められる。

また明日2月10日(水)放送のTBSラジオ「SOUND AVENUE 905」にて、アルバム収録曲「ミュータント集団就職(突然変異でこの世は一回り)」が解禁されることも決定。さらに番組ではメインパーソナリティを務める鈴木慶一が、アルバム「Japan’s Period」の内容やレコーディング時のエピソードを語る予定だ。

1. 君も出世ができる
2. ようこそテレヴィジョン
3. 塔と戯れる男二人
4. ミュータント集団就職 (突然変異でこの世は一回り)
5. 労働者たち
6. 困ったの花
7. オペラ 山下高橋 (悲しき靴音 いや、ゆゆしき死の音)
8. 大東京は大食堂
9. ウルトラペイン
10. 未来人街
11. チョイナン海岸の運び屋