ユーチューブの再生が再び働いています! 不便を許してください。

Image of borderless

塩原康孝 - borderless

Yasutaka Shiobara – borderless

SCREWを2014年末に脱退したベーシストのルイこと塩原康孝が、配信限定フルアルバム「borderless」を本日5月25日にリリースした。

塩原はファッションデザイナーになる目標を掲げてSCREWを脱退し、2015年1月にアパレルブランド・RIOT PRESIDENTを始動。デザイナーとして活躍しつつ音楽活動を継続し、昨年9月に初のソロ音源となるミニアルバム「overture」をタワーレコード限定でリリースした。そして2016年1月には東京・Shibuya eggmanで自身初の主催イベント「塩原フェス。(生意気なタイトルすみません~1回目~)」を開催。3月には役者として、中江友梨(東京女子流)やフォンチーらとともに舞台「走馬灯株式会社」に出演した。

ストレートなロックサウンドだった前作「overuture」について塩原は「無意識に沸き上がる物をそのまま形にした」と語っていたのに対し、今作「borderless」については「1度ありのままを出したことによってコンセプトを搾って作り込める幅が確実に広がりました」とコメント。疾走感のあるアッパーチューンからバラードまで、フルアルバムならではのバラエティに富んだ内容になっている。

なお塩原は「borderless」の発売を記念し、6月17日に東京・Gladで自身初のワンマンライブを敢行。また8月11日から東京・ウエストエンドスタジオにて上演される舞台「AI:Angel Identity」への出演も決定している。

1. MAZE
2. borderless
3. ANSWER
4. Butterfly Effect
5. monologue
6. GO AHEAD
7. RAY OF LIGHT
8. 雨傘と心音
9. world’s end
10. エレクトリカル
11. daybreake