ユーチューブの再生が再び働いています! 不便を許してください。

Image of メテオ ~あなたへの愛 ~

iwapt - メテオ ~あなたへの愛 ~

iwapt – Meteo ~Anata e no Ai ~

2016年5月18日、フィリピンのヴィザヤ諸島で、話題となっているラジオドラマ「Yakusoku」の主題歌の提供や、フィリピン最大手のTV局GMAなどで、音楽を取り上げられてきている日本人自主制作ミュージシャンiwapt(イワプト)。  今日、新曲「メテオ ~あなたへの愛~」が世界配信された。  ジャンルはテクノ、トランスミュージックに近いインストものだが、この作品のミキシング(音響)を引き受けたのは宇多田ヒカル、NOKKO、マドンナ、ジャネット・ジャクソンなどの一流アーティストをてがけているGoh Hotoda(ゴウ・ホトダ)。  そんな世界で活躍する大物のミキシングエンジニアがiwaptの作品完成時に「いいですね〜! !」と絶賛の声をあげている。  日本でテクノ、トランス系のインストでシングルをリリースするのは珍しいことだがiwaptは「今の時代、心にもない歌詞があふれていると感じるから、音だけで歌詞も表現したかった」述べている。  日本では無名のiwapt(イワプト)だが、フィリピンでは注目のアーティストとして活動している。フィリピン人アーティストとのレコーディング実績も多く、日本を代表するようなベテランのミキシング(音響)エンジニア達の心を掴んで、一緒に楽曲を制作している。  iwaptはポップ、HIPHOP、クラブミュージック、クラッシクなど、色々なジャンルの音楽を制作しているが、全て彼のスタイルに仕上がっている。  Goh HotodaのスタジオGO and NOKKOで楽曲制作を終えたiwaptは「自分が想像していた以上のものが完成した。海が見えるスタジオでリラックスしながらHotodaさんが細かく丁寧に音楽を制作するのに付き合ってくれて本当に音を楽しんだ」と語った。  フィリピンのヴィザヤ諸島で認められたiwaptの音楽が世界に響く日が来ることを期待したい。