ユーチューブの再生が再び働いています! 不便を許してください。

Image of TAXIS

TAXIS

Ko Nakashima – Taxis

中島孝の2nd EP「TAXIS」が4月27日にリリースされる。

2016年1月にリリースした1st EP「RAFT」では、ikkubaruやカンバスなどを招聘し、近年注目されるシテ­ィポップの要素をふんだんに取り入れた中島孝。それから3ヶ月、早くも2nd EP「TAXIS」がリリースされる。本作ではEspceiaなどの楽曲を手がけるH­I-FI CITYとのコラボレーションが実現。

バウンシーなビートが鳴り響くファーストトラック「dramatic」はEDMに 食傷気味だったクラバーたちが嗜好するフューチャーハウスの快楽性を捕らえている。続­く「INAZUMA」。90s リバイバルの機運が高まってきた昨今、 あの頃にしか生まれ得なかったブラックでビターなメロディーを、00s以降の ニューウェーブサウンドで煮詰めたキ ラーチューンに仕上がっている。まさ にJPOP25年を総ざらいする1曲である。 続く「utsusemi」。UKソウルマナー をジェントルに取り入れたサウンドで描かれる蒼く深い世界観。新たな中島孝の真骨頂と­いうべき楽曲である。さ らに、アルバム中盤に位置する 「OYOGU」。超一流テニスプレイ ヤー編纂によるジャジーヒップホップ レジェンドのコンピがリリースされた ことによって、流麗なピアノメロディが再認識されつつあるが、このトラックのピアノも­聞き逃せない。

後半に向かってリフレインしていく乾 いたギターとの絡みが聞き手の意識を高みへと誘う。そして「painter」。 80sリバイバルと叫ばれて久しいが、行き着いた先はサイケデリアとネオアコ、シュー­ゲイズの音像、この3点だっ たのではなかろうか?「painter」には その全てが詰まっている。ラストトラックの「nichijoh」。アルバムのそこか しこに敷き詰めたサウンドの大風呂敷 をまとめるかのように、極めて伝統的 でシンプルなUKロックが鳴り響く。音像の中にレジェンドたちが現れては消えていく.­..正統派の凄みを味あわせてくれる名曲だ。さて、前作「RAFT」に引き続き、意味­深げなタイトルが付けら れた本作「TAXIS」。その答えは、聞き終えた皆様、それぞれの感性で考えてみてほ­しい。そして前作「RAFT」に立ち戻ってみるというのも一興だ。

1. dramatic
2. INAZUMA
3. utssemi
4. OYOGU
5. painter
6. nichijoh