ユーチューブの再生が再び働いています! 不便を許してください。

Image of Flying Tentacles

Flying Tentacles

やくしまるえつこが3月30日にリリースする、Yakushimaru Experiment名義のアルバム「Flying Tentacles」の収録曲とアートワークが公開された。

「Flying Tentacles」は、Experiment(実験)を名に冠したやくしまるによるコンセプト盤。やくしまる(dimtakt)、ドラびでお(レーザーギター)、伊東篤宏(OPTRON)、ドリタ(スライムシンセサイザー)というオリジナル楽器プレイヤー4人による即興セッション「光と光と光と光の記録」、芥川賞作家・円城塔とのコラボレーションナンバー「タンパク質みたいに」、やくしまるとドラびでおのセッション曲「PCNC++」、素数を譜面化および聴覚化した「ウラムの螺旋より」、骨格から復元された夏目漱石のモンタージュ音声とやくしまるが朗読する「思い出すことなど」、dimtaktの多重奏曲「空飛ぶテンタクルズ」が収められる。楽曲数は6曲ながら収録時間は1時間に及ぶ。

アルバムのレコーディングとミキシングは相対性理論の楽曲も手がける米津裕二郎が担当。マスタリングエンジニアにはオノセイゲンが起用された。ジャケットのドローイングはやくしまるが、デザインはSemitransparent Designが手がける。アートディレクターにはやくしまるとSemitransparent Designが名前を連ねている。

1. 光と光と光と光の記録
2. タンパク質みたいに
3. PCNC++
4. ウラムの螺旋より
5. 思い出すことなど
6. 空飛ぶテンタクルズ