ユーチューブの再生が再び働いています! 不便を許してください。

Image of 行間にて

行間にて

Ivy to Fraudulent Game – Gyoukan Nite

Ivy to Fraudulent Gameが初の全国流通盤となるミニアルバム「行間にて」を4月20日にリリースすることが決定した。

Ivy to Fraudulent Gameは寺口宣明(G,Vo)、カワイリョウタロウ(B, Cho)、大島知起(G)、福島由也(Dr, Cho)という平均年齢21歳のメンバーからなる、2010年10月に群馬県で結成されたロックバンド。ポストロックやオルタナティブロック、シューゲイザーなどの要素を取り込んだサウンドと美しくポップなメロディで、全国流通盤の発売前からすでに熱烈なファンを獲得し始めている。

今作には、これまでライブ会場や通販でのみ販売されていた「青二才」のデモ音源や、「she see sea」「故郷」の再録バージョンをなど6曲を収録。深い孤独と虚無を歌いつつも、癒しや救い、希望を感じさせる作品となっている。

また、彼らはこのミニアルバムの発売に合わせてリリースツアーを開催する。ツアーは5月21日に地元・群馬からスタートし、ラストの3公演は東名阪でワンマンライブとして実施。ツアーファイナルは8月12日に東京・TSUTAYA O-WESTにて行われる。バンドのオフィシャルサイトでは本日2月15日より東名阪ワンマンのプレオーダーを受け付けている。

1. 青二才
2. 水泡
3. 劣等
4. she see sea
5. 可憐な花
6. 故郷