ユーチューブの再生が再び働いています! 不便を許してください。

Image of 旅立ち風音 / Season of Terminal

旅立ち風音 / Season of Terminal

Shintaro Miyasawa – Tabidachi Kazeoto / Season of Terminal

近年舞台演出や広告デザイン等も手がけている、24歳になったばかりのシンガーソングライター・宮沢信太朗が、約2年半ぶりに待望のニューシングルをリリース! ダブルA面シングルの1曲目は、自らが旅に出る際の想いを散りばめた楽曲『旅立ち風音』。 そして2曲目は、昨年の12月24日にYouTubeで先行公開された『Season of Terminal』。 どちらも宮沢の大好きな「旅」や「鉄道」にまつわる楽曲で纏められたこのシングルには、さらに『旅立ち風音 ~車内メロディ風 ver.~』と『Season of Terminal ~発車メロディ風 ver.~』なるトラックを収録。なんと『旅立ち風音』を新幹線や特急列車内のアナウンス前に流れる車内メロディ風に、そして『Season of Terminal』を駅の発車メロディ風にそれぞれアレンジし、列車や駅で使用される予定も無いのにリリースするという、世界初(?)の試みが施されている。 全楽曲を宮沢の作詞作曲編曲で送る、みやしんワールド満載なニューシングルとともに、あなたも旅に出てみては。

1. 旅立ち風音
2. Season of Terminal
3. 旅立ち風音 (Instrumental Ver.)
4. Season of Terminal (Instrumental Ver.)
5. 旅立ち風音 (車内メロディ風 Ver.)
6. Season of Terminal (発車メロディ風 Ver.)