ユーチューブの再生が再び働いています! 不便を許してください。

Image of ワイルド・サイドを行け

ワイルド・サイドを行け

GLIM SPANKY – Wild Side wo Ike

GLIM SPANKYが1月27日にミニアルバム「ワイルド・サイドを行け」をリリースする。

この作品には、表題曲「ワイルド・サイドを行け」に加え、ブラインドサッカー日本代表公式ソング「NEXT ONE」や、シャッフルビートに初挑戦した「BOYS&GIRLS」など全5曲の新曲を収録。初回限定盤には10月に行われた「SUNRISE JOURNEY TOUR 2015」の東京・赤坂BLITZ公演より、「焦燥」「褒めろよ」など10曲のパフォーマンスを収めたDVDが付属する。

なお、「BOYS&GIRLS」は5月7、8日に開催予定のイベント「トランスフォーマー フェス」のテーマソングとして使用されることが決定。このイベントは「トランスフォーマー ビーストウォーズ」の放送20周年を記念して実施されるもので、楽曲は1月からTOKYO MXなどで放送される「生誕20周年記念ビーストウォーズ復活祭への道」のエンディングテーマとしてもオンエアされる。トランスフォーマーファンを公言している亀本寛貴(G)は今回のタイアップ決定に「小さい時からずっと見てきたトランスフォーマー、ビーストウォーズのシリーズにこの様な形で関わることができて本当に嬉しいです。テーマソング『BOYS&GIRLS』もトランスフォーマーの様に大人も子供も関係なく永遠の少年少女達に届いてほしいです」とコメントしている。

さらにこの作品を引っさげた東名阪ツアー「“ワイルド・サイドを行け”ツアー」が実施されることも決定した。全3公演はツーマン形式で開催され、各会場のゲストアーティストは後日発表される。チケットのオフィシャルサイト抽選先行は明日12月9日に受付がスタートする。

松尾レミ(Vo, G)
今まで使ったことのない新しい楽器や曲の作り方などいろいろな挑戦をして、完成した新しい自信作です。サウンドの細かいところまで面白いギミックがある曲も有り、シンプルな曲も有り。この国でこの時代に、この音でこの歌詞で挑んでいくGLIMの新作、是非聞いてください!

亀本寛貴(G)
今まで聞いてくださっていた方にも初めて聞く方にもよりフレッシュでビビットな印象を持ってもらえる様なサウンドを目指しました。まだまだ立ち止まらずどんどん進んでいくぞという気持ちを音でしっかり表現できたと思います。DVDもボリューム満点なので当日会場に来られた方もそうでない方も楽しんでいただけると思います。音源を聞いて、DVDを見て、そして是非新しい曲達で一緒にライブで遊びましょう!

1. ワイルド・サイドを行け
2. NEXT ONE
3. BOYS&GIRLS
4. 太陽を目指せ
5. 夜明けのフォーク