ユーチューブの再生が再び働いています! 不便を許してください。

Image of TRAVELIN‘

SUMIRE KURIBAYASHI TRIO - TRAVELIN‘

SUMIRE KURIBAYASHI TRIO – TRAVELIN’ トラヴェリン

心の旅の歌が聴こえる――話題の“ロマン派”ジャズ・ピアニストが紡ぐ

2014年7月のデビューアルバム『TOYS』発表から1年超。各媒体で「誰にも似ていない“すみれ色のジャズ”」と絶賛された栗林すみれが、「ジャズ・ピアノのロマン派」と呼ぶべき待望の二作目を完成させた。

幻想的かつ郷愁を喚起するリード曲(1)に始まり、フランスの小さな町の情景浮かぶ(2)のオリジナル曲の流れに思わず息を呑む。発表されてきた作品の中でも次代のスタンダードと呼び声高い(3)(7)を再演するほか、敬愛するキース・ジャレットの奇跡のソロ・インプロにトリオ編成で挑んだ(4)など、ジャズへの敬意と挑戦が随所に散りばめられている。壮大な一大叙情組曲の(5)は圧巻。

今回これらの表現のためにメンバーに迎えたのは、百戦錬磨の本邦トップベーシスト金澤英明、活躍めざましい新進気鋭の中でも洗練された音色が特長のドラマー木村紘。ゲストに稀代の才能・石若駿(ds)も飛び入り。

録音は、スタインウェイ・フルコンサート・グランドを擁する、国内屈指のアコースティック・サウンド「ランドマークスタジオ」(横浜)で行なわれた。

1. ワイルドテイル (オープニング)
2. カリヨンと小さな教会
3. ダ・ダ・ダ
4. 明日の記憶
5. イラワジ河
6. ホーム・アウェイ・フロム・ホーム
7. 森と妖精
8. ワイルドテイル (クロージング)
9. ブレイム・イット・オン・マイ・ユース