ユーチューブの再生が再び働いています! 不便を許してください。

Image of New Life

New Life

エレクトロニカ、実験音楽、ドローン、アコースティク、シューゲイザーサウンドを手がける千葉在住のアーティスト、otomの日本語歌詞シリーズ第一弾。 楽曲”New Life”は幾重にも重なったボーカルとMy Bloody ValentineやSlowdiveを彷彿させるテープレコーダーのようで浮遊感のあるサウンドで構成された一曲。 ギター、ラップトップを中心とし、更にはオリジナルのMaxパッチを駆使して制作されている。 楽曲公開 2015年12月10日

otom(オトム)。1976年生まれの千葉県在住のミュージシャン。
ギターとコンピューターを中心として、Maxでのプログラミング、様々な楽器を駆使して実験音楽、ドローン、エレクトロニカ、アコースティク、シューゲイザー、インディロックなどのタイプの作曲活動を行っている。
小学生の頃に映画のサウンドトラックに目覚め、縦笛で旋律をコピー。
14歳の頃よりギターを始めてからは’60年代〜’70年代の音楽を聴き漁りコピーする。
中でもPink Floyd、Simon & Garfunkel、The Velvet Underground、The Beach Boysに強く影響される。
美しいコーラスワークと浮遊感のあるサウンドは軸として現在の楽曲にも反映されている。
その後、My Bloody Valentine, Galaxie500, Flying Saucer Attack, SlowdiveなどのシューゲイザーサウンドやFenneszなどのエレクトロニカアーティストに多大な影響を受ける。

1998年頃より本格的な作曲活動を開始し、2015年までに4枚のアルバムと6枚のEPを自身のウェブサイトにてリリースし、2015年には配信サービスより新曲のリリースを開始する。
現在もMaxでのプログラミングを駆使した実験音楽、エレクトロニカ、ドローンからロック、アコースティクなどその時々のフィーリングによって作曲し続けている。