ユーチューブの再生が再び働いています! 不便を許してください。

Image of It's You

It's You

音楽的に恵まれた環境のもと、幼い頃からソウル、ラテン、ジャズなどの影響を受けながら育つ。10代よりバンドのボーカリストや歌って踊るガールズグループのメンバーとして活動。2005年、東京にて70年代スタイルの10人編成ファンク/ソウル・バンドQ.A.S.B.を結成。2008年発売の7インチアナログ”The Key Part1&2”がヨーロッパのファンク、ブレイクビーツDJ の間で話題の1枚となり、イギリスのJAZZMAN RECORDSなどでSOLD OUT。2011年にはフランスで行われた世界最大のブレイクダンスの大会Battle Of The Yearの決勝バトルで楽曲が使用される。パイオニア株式会社のダンサーオーディオ”STEEZ”に楽曲提供。2012年、日本のファンク/レアグルーヴシーンを代表する人気DJ、RYUHEI THE MAN氏プロデュースのもと70年代イギリスのバンドBabe Ruthの名曲”The Mexican”をカバー。限定リリースの7インチアナログは全国発売直後30分で完売、2013年6月の再発も発売日を前に予約だけで完売の大ヒットとなる。2014年には世界的なファンクバンド、オーサカ=モノレールのアルバム「RIPTIDE」にバックコーラスとして参加。バンドと並行してソロ・シンガーとしても活動し、自身が作詞作曲プロデュースして歌った楽曲”CANDLE LIGHT”でiTunes (Japan) R&B/ソウルデイリーチャート5位(2006年10月)を獲得。2013年、長年の目標であったラテン・シンガーとしての活動をついにスタート。グルーポ・チェベレのリーダーで元オルケスタ・デ・ラ・ルスのベーシスト、伊藤寛康氏をプロデューサーに迎え、グルーポ・チェベレ、元&現オルケスタ・デ・ラ・ルス、オルケスタ・デル・ソル、熱帯JAZZ楽団、のメンバーなど日本ラテン界を代表するミュージシャン達のサポートを得てサルサのオリジナル楽曲を製作。サルサ第1弾シングル”Mi Rumba Llegó”を2014年8月、デジタルシングルで発売。2015年発売予定のサルサ第2弾シングルは限定7インチアナログとデジタルの同時リリースが決定!

1. It’s You (Chinese version)
2. CANDLE LIGHT (Japanese version)
3. It’s You (English version)