ユーチューブの再生が再び働いています! 不便を許してください。

Image of 希望の朝

キム・ナザリアン - 希望の朝

Kim Nazarian – Some Morning

マンハッタン・トランスファーと並び称される米ジャズ・コーラス・グループNEW YORK VOICESのソプラノキム・ナザリアンによる初のオリジナル・ソロ・アルバム。

ニューヨークの本場エンターテイメント界最前線を走り続けるジャズ・コーラス・グループ NEW YORK VOICES。その圧倒的パフォーマンスの原動力となっているのがトップ音のハーモナイズを務めるキム・ナザリアン。ボビー・マクファーリン『ヴォキャブラリーズ』抜擢のほか数々のセッションに参加、吉田次郎(g)・大坂昌彦(ds)らの国内作品に参加しており、たびたび来日もするなど、日本での人気も高い。

今作は、そんな彼女のもとに全米のファーストコール&大御所ミュージシャンが集結。ジョン・ピザレリと息の合ったデュエットの2、ゲイリー・バートンをフィーチャーしたイヴァン・リンスの名曲にして本作タイトル曲7などここでしか聴けないセッションが多数。日本盤のみボーナストラックを収録。

1. Robbin’s Nest / Boneology
2. Tell Him I Said Hello
3. Gotta Be This Or That
4. All In My Heart
5. What’ll I Do
6. Still Life
7. Some Morning
8. So In Love
9. If It’s Magic
10. Que Sera, Sera
11. Road To Kursk
12. My Foolish Heart