ユーチューブの再生が再び働いています! 不便を許してください。

Image of Rhapsody In White

Rhapsody In White

LAGOONが新メンバーAMI(G)を迎えて初めてのシングル「Rhapsody In White」を11月18日にリリース。本作のタイトル曲の作詞作曲を、岸谷香が手がけていることが発表された。

音楽活動を初めた頃にプリンセス プリンセスのヒット曲「DIAMONDS」をライブでカバーするなど、MIORI(Vo)にとってはガールズバンドの先輩として特別な存在の岸谷。今年7月にLAGOONサイドからオファーを受けた岸谷は、すぐにMIORIと打ち合わせをし、夏にアメリカ・シアトルで「Rhapsody In White」を作曲をした。さらに、普段のMIORIをよく知るスタッフにヒアリングを行い、自身のツアーの合間を縫って歌詞を執筆。歌詞はプリンセス プリンセスのメンバーである富田京子の意見をもとにブラッシュアップされ、完成に至った。なお楽曲のプロデュースは島田昌典が担当している。

完成した楽曲についてMIORIは、「初めて聴かせて頂いた時、今にも愛情が溢れでるような曲だなと感じて、歌っていても何か大きな温もりに包まれた気持ちがしました。レコーディングで歌う際も、不思議と地元・鳥取から上京してくる時に母が空港で見送ってくれた時のことを思い出しました。恋愛だけにとどまらない、広い意味での<LOVE>ソングなんだなと感じています」と絶賛している。

1. Rhapsody In White
2. One More Love
3. 二人がほしかったもの
4. Rhapsody In White-instrumental-