ユーチューブの再生が再び働いています! 不便を許してください。

Image of 柔らかな物体

柔らかな物体

Nodoka Kirishima – Yawarakana Buttai

桐嶋ノドカの新曲「柔らかな物体」が、11月21日公開の映画「流れ星が消えないうちに」の挿入歌に決定した。

「流れ星が消えないうちに」は橋本紡の小説を原作とした映画で、「君の好きなうた」で長編映画デビューを飾った柴山健次がメガホンを取る。主演は今秋から放映されるNHK連続テレビ小説「あさが来た」でヒロインを演じる波瑠が務め、入江甚儀、葉山奨之、黒島結菜、小市慢太郎といった俳優陣が脇を固める。

桐嶋は、映画および挿入歌に採用された「柔らかな物体」について「映画を見て、どうにも片付けがたい思いを抱えたまま、それでも前向きに生きていこうとする主人公の姿に深く共感し涙しました。新曲の『柔らかな物体』も、そんな風に様々な気持ちを綯い交ぜに抱えながら希望に手を伸ばしていく歌です」と述べている。

また監督の柴山も楽曲についてコメント。「こころの弱さには強くなる予感で満ちている、物語の行き先を示してくれている、そんなことを教えてくれている楽曲だと思いました。ぐっと映画の世界を広げていただけたと思います」とつづっている。