ユーチューブの再生が再び働いています! 不便を許してください。

Image of 遠のもっと果てまで

遠のもっと果てまで

Seiko Matsuda – Eien no Motto Hate made

松田聖子が、10月31日より全国公開される映画「PAN ~ネバーランド、夢のはじまり~」の日本語吹替版の主題歌を担当することが明らかになった。

松田が歌う主題歌「永遠のもっと果てまで」は、作詞を松本隆、作曲を呉田軽穂(松任谷由実)、編曲を松任谷正隆が手がけた。この曲は松田のデビュー35周年を記念して制作されたナンバーで、10月28日にシングルリリースが決定している。松田は今回のタイアップに際してコメントを発表し、「物語の素晴らしさ、そして映像の美しさにとても感動しました。ピーターが仲間や家族を信じて頑張る姿に胸がいっぱいになりました。一番の魔法は信じる気持ちなんだなあという事が、この映画を観て本当に分かりました」と映画の感想を述べるとともに「私もこの素晴らしい映画の一部になる事が出来て本当に幸せです」と喜びを表した。

また映画に黒ひげ役で出演しているヒュー・ジャックマンは「日本で大変有名な歌手、松田聖子さんが『PAN ~ネバーランド、夢のはじまり~』日本語吹替版に主題歌を提供してくださったと聞いて、とてもうれしく思います! ありがとうございます」と感謝の思いを明かしている。「永遠のもっと果てまで」は、本日9月15日に公式サイトにて公開された映画の予告編で使用されており、映像の中で曲の一部を聴くことができる。

なお映画公開前の10月1日に行われる、ヒュー・ジャックマン、ピーター・パン役のリーヴァイ・ミラー、ジョー・ライト監督が参加するジャパンプレミアに松田が出演することも決定した。