ユーチューブの再生が再び働いています! 不便を許してください。

Image of ひとり ひとつ

V.A. - ひとり ひとつ

V.A. – Hitori Hitotsu

JICA青年海外協力隊50周年イメージソング「ひとり ひとつ」が本日10月1日にCDシングルとしてリリースされた。

今作はアンダーグラフの真戸原直人(Vo, G)がプロ

デュースを担当している。真戸原は国際協力プラットフォーム「なんとかしなきゃ!プロジェクト」がきっかけとなり、2013年1月にアフリカのマラウイ、2014年2月に中南米のグアテマラ、2015年2月に東南アジアのラオスを視察。そのたびにギターと歌で現地の人々と触れ合い、現地での青年海外協力隊員の活動を目の当たりにしてきた。そんな彼が海外での経験をもとに「ひとり ひとつ」の作詞・作曲を手がけた。

この曲を歌っているのは、アフリカやアジアでの学校建設に関わっている川嶋あい、“国境なき楽団”としても活動している庄野真代、開発途上国でサッカー指導を続けている北澤豪、そして遠藤久美子、乙武洋匡、カズン、倉木麻衣、染谷西郷(FUNKIST)、高橋尚子、武田鉄矢、宮沢和史、わたなべだいすけ(D.W.ニコルズ)、アレクサンドラ・ブンスアイ、chihiRo(JiLL-Decoy association)、D-51という面々。アーティスト、文化人、スポーツ選手など幅広い顔ぶれが、青年海外協力隊を応援する力強い歌を届ける。

CDにはカップリングとしてカラオケバージョンとインストバージョンも収録。さらにDVDには、各地に派遣されている青年海外協力隊員から届いた、全71カ国の映像と写真を使用した「ひとり ひとつミュージックビデオ(世界各国歌唱バージョン)」も収められる。