ユーチューブの再生が再び働いています! 不便を許してください。

Image of 結い

雨ニモ負ケズ - 結い

Amenimomakez – Yui

エモーショナル・ピアノ・ロック・バンドとして仙台を中心に活動を続ける雨ニモ負ケズが、4年ぶりとなるフル・アルバムを完成させた。風刺や悲哀、人生を歌う文学的歌詞と、破天荒なライヴ・パフォーマンスで話題を呼んできた彼らが辿り着いた新作は、2015年の社会を切り取り、聴き手に考えることを喚起させるような作品であった。2011年の東日本大震災から4年以上経ったいま、当時の記憶は地元から離れた土地では薄れかけており、話題は“戦争”という言葉をも想起させるものにまで移り変わっている。そんな現状について、アルバムの楽曲がどのようにリンクしているか、ドラムに新しくJr.を迎えた4人にSkypeインタヴューを行った。また、リード曲のフリー・ダウンロード敢行。そちらとともにインタヴューをご覧いただきたい。

1. 有終
2. 瓦礫の城
3. 安寧の音
4. 昏迷の寝
5. 逆光
6. 雑草
7. 零
8. 或日、傍らに
9. ゼロの世界
10. 雨ニモマケズ