ユーチューブの再生が再び働いています! 不便を許してください。

Image of Signal

池内ヨシカツ - Signal

Ikeuchi Yoshikatsu – Signal

18歳から独学で音楽制作を開始し、現在SNSを中心にファンを増やし続けているプロデューサー/トラックメイカー、池内ヨシカツ(Ikeuchi Yoshikatsu)。京都出身の彼は、地元クラブへのレギュラー出演やライブハウスでの300人限定単独公演をソールドアウトさせるなど、精力的に活動を展開している新星です。2014年にリリースしたデジタル・シングル「Leaving」は、iTunesのエレクトロジャンルで2位にランクイン。さらにEDMシーンをリードするオランダのレーベル、Spinnin’ Recordsのオーディション(タレントプール)では2位にランクインするなど、海外での評価も上げています。

そんな池内ヨシカツが、Spinnin’ Recordsのオフィシャル・ライセンサー、FARM RECORDSとタッグを組み、ファーストEP『Signal – EP』をリリースしました。Soundcloudで16万再生を超えている「VANISH」のほか、和の要素を取り入れた「Spirits」やタイトル曲の「Signal」など、計5トラックを収録した本作。その内容は、ビッグルーム系のEDMサウンドを軸にしたパワフルなものとなっています。

ここでは、本作『Signal – EP』の内容について、池内ヨシカツ本人に話を聞きました。

1. Spirits
2. VANISH
3. Signal
4. Bounce Back
5. ZEAL