ユーチューブの再生が再び働いています! 不便を許してください。

Image of Moonlit Invocations

FJORDNE - Moonlit Invocations

東京在住の日本人アーティストFJORDNE の待望の6th アルバムが遂に完成!White Paddy mountain よりリリース!!!

シンガポールのkitchen.Label よりの過去2作目で見せたジャズピアノへの傾倒は、この作品で 大いなる過去の歴史と 未来への指針となるようなエレクトロニクスの技巧と生演奏の驚異的な 邂逅となった。過去3年に渡り制作された本作はMoonlit Invocations(月の光に照らされた祈 り)というタイトルが示すように荘厳な世界観に加え、美しさと醜さを含むあらゆる世界 への畏 怖のようなものさえ感じられる大傑作!

90 年代、00 年代のポストロック、エレクトロニカ、ポストジャズ、シカゴ音響派などの音楽を 浴びるように吸収し、独自の音楽 世界を切り開いてきたFJORDNE、この作品では古いジャズのレ コードからサンプリングされた素材、生演奏で収録されたピアノ、緻 密なエレクトロニクスな どが極めて丁寧かつ、重厚に、そして退廃的なまでに美しく構築されている。ガウディの建築の ように、どこまで も迷宮的で、一回の試聴体験では、全部を把握する事は不可能であるような、 何度も聞きたくなる奥行きをもった作品となった。 FJORDNE 自身はこの作品を、混乱、退廃の時 に生まれる諦めに似た祈り/60年代のジャズの深淵な黒い美しさ/過去から現代を見 るよう な視点/リズム、ハーモニーの不調和から調和に移りゆくバランス/という言葉で説明するよう に、相反する要素の融合もテーマと なっている。

世界史的な混迷の時代を迎えている現代に聞くべき祈りにも似たマスター・ピースの登場!!!

1. Cloiste
2. Rejoice Moon
3. Glati
4. Autumn Wind
5. Reverends
6. Coenbiac
7. Capsella
8. Forseen Licht
9. Behind Exquisite,Tragic