ユーチューブの再生が再び働いています! 不便を許してください。

Image of Lovely -恋音-

寺沢希美 - Lovely -恋音-

Nozomi Terasawa – Lovely -Koine-

透明でキラキラした音色。それが寺沢希美さんのヴァイオリンだ。

子どものころ、美しいドレスやお菓子にあこがれるように、たとえば映画で流れた美しいクラシック音楽にあこがれ、愛しはじめた人はたくさんいると思う。寺沢さんのヴァイオリンを聴くと、そのころの気持ちを思い出す。美しいことに衒いがなく、楽しげでありながら、ソリストとして積み重ねてきただろう艱難の深みもひとかけら。まるでモーツァルトの音楽のようで、ザルツブルク音楽祭でデビューという経歴にも納得してしまった。

これまで『Mozart』『Mendelssohn』とひとりの作曲家を追求してきた寺沢さんの新アルバムは『Lovely』。その名のとおり、魅力的で多彩な音楽が集まった。アイルランド民謡の「ロンドン・デリーの歌」でスタートし、ヴァイオリンの定番曲からオペラの名アリア、伝統曲から映画音楽までを華麗に横断。最後はモンティの「チャルダッシュ」で締めくくる。おはようからおやすみまで、毎日をキラキラの音楽で満たしてくださいね。そんな寺沢さんのメッセージが、聴こえてくるようだ。 (高野麻衣/コラムニスト)

‘恋’をテーマに私の好きな、ラブリーなメロディの曲を集めました。

美しさ、切なさ、優しさ、繊細さ、幸せな気持ちなどを音にして、一音一音気持ちを込めて演奏しました。

リラックスしたいとき、元気を出したいとき……。

色々な場面でお聴きいただけたら嬉しいです♪ (寺沢希美)

1. ロンドンデリーの歌
2. ラベンダーの咲く庭で
3. オンブラ・マイ・フ=ラルゴ
4. アメイジング・グレイス
5. プニャーニの様式によるテンポ・ディ・メヌエット
6. ノクターン第2番変ホ長調作品9-2
7. アリア=ゴルトベルク変奏曲
8. 間奏曲=歌劇「カヴアリリア・ルスティカーナ」より
9. カッチーニのアヴェ・マリア
10. 愛のテーマ=ロミオとジュリエット
11. 誰も寝てはならぬ=歌劇「トゥーランドット」より
12. チャルダッシュ
13. ボーナス・トラック ブルー・オーシャン