ユーチューブの再生が再び働いています! 不便を許してください。

Image of K(Kの上に5)(Kの累乗)

K(Kの上に5)(Kの累乗)

Shishido Kavka – K no Ruijo

シシド・カフカ、6月17日に斉藤和義、KenKenなどが参加した、 奇跡のセッション・ミニアルバム「K5(Kの累乗)」のリリースを発表!6月17日にリリース記念ライブも決定。

すでに解禁されているフジテレビ系ドラマ木曜劇場「医師たちの恋愛事情」主題歌『Don’t be love feat.斉藤和義』のMVはYOUTUBEで13万再生を突破し、ドラマとともに話題のシシド・カフカ。そんな彼女がavex移籍後初のリリースとなるセッション・ミニアルバム「K5(Kの累乗)」の発売を発表した。

個性溢れるアーティストたちをフィーチャリングしたセッション・ミニアルバム。ドラムとボーカルを武器に、日頃から敬愛するミュージシャン達と真摯に対峙したその楽曲達はまさに「奇跡のセッション・ミニアルバム」に仕上がっている。参加ミュージシャンはこれから順次発表予定だが、第1弾として斉藤和義とRIZE、Dragon Ash、そして、LIFE IS GROOVEを率いて活躍するベーシストKenKenの参加が決定している。

CDには5曲のセッション曲、ボーナストラックを含む全6曲を収録。そして6月17日のリリース当日にはTSUTAYAO-WESTでのレコ発ワンマンライブも決定。

※K5はKの上に数字の5(ヨミ:ケイノルイジョウ)

【斉藤和義/コメント】
「ドラマの台本を読んでのイメージもありましたが、カフカさんのマイナー調なメロディの 歌を 聴いてみたい、こんな風にドラムを叩いてもらいたいなと思って曲を作りました。 “ドラマー”シシド・カフカとのセッションも楽しかったです。機会があったら是非うちの ツアーでも叩いて欲しいす。」

【KenKen/コメント】
「ベースとドラム、リズムを中心に何かカッコイイことが出来ないかと思い、悩んだ挙げ句、 今回の楽曲にしました。彼女特有のストレートなロック感を大事にしつつ、 いい意味で期待を裏切る楽曲に仕上がっていると思います。今回のセッションで ミュージシャンとしてのシシド・カフカをわかってもらえるのではないでしょうか。 ドラムプレイも歌も見た目も完璧人間です。」

1. theme
2. バネのうた -feat.甲本ヒロト(ザ・クロマニヨンズ)
3. Don’t be love -feat.斉藤和義
4. Trans fatty acid -feat.KenKen(LIFE IS GROOVE)
5. くだらない世の中で -feat.常磐道ズ(渡辺俊美[TOKYO No.1 SOUL SET]、Guest:TOSHI-LOW[BRAHMAN/OVERGROUND ACOUSTIC
6. あの夏、君が見てたモノ -feat.YO-KING(真心ブラザーズ)
7. Don’t be love (Piano Ver.) -BONUS TRACK-