ユーチューブの再生が再び働いています! 不便を許してください。

Image of BOYS

フジファブリック - BOYS

Fujifabric – Boys

フジファブリックが6月24日にミニアルバム「BOYS」をリリースする。

今年の年明けに「2015年は『BOYS』と『GIRLS』という2枚のコンセプトCDを出す」という発表をしていたフジファブリック。ついにその詳細が明らかになった。

この2作品の共通のテーマは「恋愛」で、独特な歌詞世界が代名詞となっていた彼らが新たな境地としてストレートに恋愛を描いていく。フジファブリックがコンセプトを掲げた連動作品をリリースするのは、デビューした2004年から翌2005年にかけて「四季盤」と呼ばれるシングル4枚を発表して以来11年ぶり。第1弾の「BOYS」には恋愛に不器用な等身大の男心を歌った新曲5曲を収録する。

表題曲「Green Bird」は山内総一郎(Vo, G)と旧知の仲である百田留衣(agehasprings)をプロデューサーに迎えたナンバー。山内と百田のコラボレーションは今回が初となる。このほか、前向きな歌詞が印象的な「夢みるルーザー」、山内と加藤慎一(B)が歌詞を共作した「夏の大三角関係」、金澤ダイスケ(Key)が作曲し加藤が作詞を担当したミディアムチューン「マボロシの街」、転調が繰り返される「ALONE ALONE ALONE」と、個性豊かなナンバーが揃った。これら5曲のサポートドラマーはBOBOが務めている。

初回限定盤は大きな丸い氷が作れる「アイスボールトレー」付きのボックス仕様。なお、年内にリリース予定の「GIRLS」とのダブル購入者を対象とした応募企画も予定されているので、こちらも楽しみにしておこう。

1. Green Bird
2. 夢みるルーザー
3. 夏の大三角関係
4. マボロシの街
5. ALONE ALONE ALONE